ここから本文です

韓国の大学が経営難に直面中  倒産手続きのための法案審議は難航  (選択出版)

7/23(火) 7:02配信

選択

 韓国の大学(総数三百五十一校)の多くが、財政難と少子化のせいで倒産の危機に直面している。
 この十年間授業料は据え置かれ、出生率の低下で学生数も減った。韓国教育省は二年後には大学定員が高校卒業生より六万人上回り、新入生不足で大学三十八校が閉校するという予測も発表した。
 政府は経営難の大学を閉鎖するための法案を国会に提出したが、国会審議は難航している。
 現行法で私立学校が閉校、解散する場合、残存資産は国庫に帰属すると規定されているので、経営難の私立大学は閉校を決断できない。私学設立者などは出資金などについて返還するよう求めているが、これには国民の反発が大きい。(選択出版)

最終更新:7/23(火) 7:02
選択

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい