ここから本文です

ネットフリックスは人気ドラマ「The Office」を手放しても、“深追い”すべきではない

7/23(火) 12:20配信

WIRED.jp

2005年から米国で放送され人気を博したドラマ「The Office」が、Netflixの米国でのラインナップから消えることになった。いつかはこうなると、みんなわかっていたのではないだろうか?

「ストレンジャー・シングス」は、わくわく感を取り戻した

動画ストリーミングサーヴィスの競争は激化し、ネットワークもスタジオも、YouTubeのチャンネルをもつハムスターでさえも、独自の配信サーヴィスの構想を発表し始めた。以来、往年のテレビ番組や映画は、会員を集めるための切り札として利用されている。

The Officeの配信権を死守するため、ネットフリックスは金額には糸目をつけないと申し出た。しかし、作品の権利をもつNBCユニバーサルは、自社サーヴィスの会員になってくれる人をおびき寄せるための“餌”として使いたかったようだ。こうして、ネットフリックスにとっては残念な出来事になった。

一方で、視聴者もまた大変だと言えるだろう。自分の好きな作品をすべて観るには、少なくとも6つくらいのアカウントをもたなければならない時代が来ることになるからだ。

動画配信サーヴィスが乱立する世の中

こうして世の中には動画配信サーヴィスが乱立し、お金もかかるようになる。報道によるとNBCユニバーサルは、Netflixより高額となる5年契約の5億ドル(約540億円)でThe Officeの配信権を落札した。

NBCユニバーサルは、ただNetflixでトップを誇る単に集客力が高い人気番組を自社サーヴィスのために“買収”したわけではない。ストリーミングサーヴィス最大手が、容易にまねして制作できないコンテンツを手に入れたのだ。The Officeのようなテレビ番組や、ディズニーの「Disney+」で視聴可能になることが予想されるマーベル映画などは、ブランドとして広く認識されている。サーヴィスの会員を獲得するための最重要コンテンツになるだろう。

また、こうした映画やテレビ番組は、ネットフリックスが自力では実現できないような作品ということでもある。The Officeは1シーズンが20話以上あり、合計で188話だ。1シーズンの長さがその半分くらいしかないNetflixオリジナルシリーズと比べると、とてつもない放送時間と言っていい。

ネットフリックスは、オリジナルコンテンツに150億ドル(約1兆6,200万円)を2019年に投資することが予想されている。はたいた大金に見合うだけのコンテンツを大量につくる必要があるのだ。だからこそ、従来のテレビ番組のように細かいことを気にするのをやめて、ニッチなシリーズを矢継ぎ早に制作することにもっぱら力を注いできた。

例えば、19年4月24日に配信されたコメディドラマ「ボンディング~男と女の事情~」は7話しかなく、1話の放送時間も14~17分とまちまちだ。17年12月13日に公開された映画『ブライト』といった大作に資金を投じることもあるが、『アベンジャーズ』のような集客力があるものはいまだに実現できていない。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事