ここから本文です

サザビーズオークションに出品された希少なスニーカーはある男性が買い占める

7/23(火) 22:40配信

エスクァイア

 2019年7月11日~23日(現地時間)までサザビーズオークションにて、世界で最も希少かつ高価なスニーカーのオークションが行われます。

【 写真集 】「StockX」でみる世界で最も高価なスニーカー10選

 現物は同月23日まで米国・ニューヨークにて展示が行われていましたが、今回のオークションの取引はすべてオンライン上で取引が可能で、世界中からオンライン上で入札することができるのです。

 そして、オークションの行方に注目が集まるなか、ほぼすべてのスニーカーは早々に落札されました。それも一人の男性によって、です。その男性は、カナダの起業家であるMiles Nadal(マイルス・ナダル)さん。彼は驚くべき価格でオークションに出品されている100足のうち99足を落札したのです。99足の落札額は合計85万ドル(約9200万円)に達しました。

 唯一、ナダルさんが落札しなかったスニーカーは、世界で最も希少かつ高価と言っても過言ではないナイキ「ムーン シュー」です。このスニーカーは1972年のオリンピック時に、ナイキの共同創設者でありオレゴン大学のトラックコーチとしても名を馳せたビル・バウワーマン氏によりつくられたランニングシューズです。ナイキ初のワッフルソールが取り入れられ、すべて手作業で作られました。そして、当時わずか12足しか生産されなかったにも関わらず、こちらの商品は未使用のデッドストックの状態で存在している、奇跡の一足なのです。

 落札予想額は11万~16万ドルで、8000ドルからスタートしています。2019年7月24日午前3時まで入札が受け付けられます。

 これまで行われたスポーツ用品に関わるすべてのオークション記録を更新する可能性のあるこちらのスニーカー。シルクで覆われたこの非常に珍しいスニーカーだけ落札しなかった理由を、まだナダルさんは説明していません。ですが、トロントにある彼の私立博物館Dare to Dream Automobile Museumで、落札したスニーカーすべてを展示すると話しています。

 日本時間2019年7月24日午前3時に、どんな出来事が起きるのか? その動向に期待が高まります。

追記:ナイキ「ムーン シュー」は、マイルス・ナダルさんにより、43万7500ドル(約4740万円)で落札されました。

最終更新:7/24(水) 11:49
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事