ここから本文です

【減塩レシピ】食欲のない夏の救世主!麺の種類別塩分比較と減塩レシピ

7/23(火) 15:01配信

サライ.jp

黒胡椒風味の鶏天おろしそうめん

【材料】(1人分)
<鶏天>
鶏むね肉 50g
昆布 10cm1枚
酒 小さじ1
白だし 小さじ1/2
小麦粉 大さじ1/2
天ぷら粉 大さじ2
あらびき黒胡椒 小さじ1
揚げ油 適量

<そうめん>
そうめん 2束
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
大根 2cm
青ねぎ 少々
レモン いちょう切り1枚

【作り方】
1.昆布は酒(分量外)で表面を拭く。鶏むね肉を昆布で挟み、酒・白だしと一緒に3時間以上漬ける。

2.大根は皮をむき、おろす。青ねぎは小口切りに、レモンは厚めのいちょう切りにする。
3.天ぷら粉は冷水で溶き、黒胡椒を加える。
4.1の鶏肉に小麦粉をまぶし、3の天ぷら粉をつける。

5.170℃に熱した油で揚げ、油を切る。
6.そうめんは沸騰したお湯で規定の分数茹で、冷水でもみ洗いする。
7.よく水を切り、うつわに盛ったらめんつゆをかけ、混ぜ合わせる。
8.大根おろし、レモン、鶏天を盛り、青ねぎを散らしたら完成。

大根おろしとレモンでさっぱりとした定番そうめんに、鶏むね肉の天ぷらを添えました。
昆布で漬けることで旨味を染み込ませ、ピリッと黒胡椒をアクセントに。
そうめんはめんつゆを薄めず合わせることでぶっかけ風にしました。
みょうがや大葉など、香味野菜のトッピングもおすすめです。

食塩相当量:3.7g(通常の鶏天そうめんと比較し、約25%減塩)

大判おあげのゆず胡椒風味うどん

【材料】(1人分)
うどん 1人前
油揚げ 1枚
★水 400cc
★だしパック 2袋
めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ1
ゆず胡椒 小さじ1
白だし 大さじ1
青ねぎ 少々
ゆず皮(あれば) 少々

【作り方】
1.鍋に★の材料を入れ火にかけ、だしパックを煮出す。

2.青ねぎは小口切りにする。
3.耐熱容器に油揚げを入れ、熱湯をかけ油抜きをする。

4.油揚げのお湯をしっかりと切ったら、1で取っただしを50cc、めんつゆを加え、電子レンジ600Wで2分加熱する。
5.一度取り出し裏返し、再度600Wで3分加熱する。
6.うつわにゆず胡椒・白だしを加えゆず胡椒を溶く。
7.うどんを沸騰したお湯で茹で、ざるにあけ水気を切る。
8.6に1で取っただしを250cc注ぎ、うどん、油揚げ、青ねぎ、あればゆず皮をトッピングし、完成。

大判の油揚げが一枚どんっとのったインパクトあるうどん。
定番きつねうどんをアレンジした減塩レシピです。
油揚げはつゆにも使う、だしパックで取っただしを使うことで、薄味でもしっかりとした味付けになります。
油抜き後、電子レンジで加熱するだけなので、その間につゆを温めたり、うどんを茹でたりと時短にもなります。

つゆはゆず胡椒を使うことで、ピリッとした辛味と風味をアクセントにし、減塩しました。
辛い物が得意な方は、さらに七味をプラスしたり、すりごまなどで風味を足すのもおすすめです。

食塩相当量:3.4g(大手チェーン店のきつねうどんと比較し、約45%減塩)
* * *

麺類は塩分が高いイメージですが、汁だけではなく、麺自体の塩分も種類により異なります。
「麺類は大好きだけど、塩分が気になる」という方も、この記事を参考に選んでみて下さい。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

2/2ページ

最終更新:7/23(火) 15:01
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事