ここから本文です

負けるわけにいかない戦いが始まる! 新型トヨタTS050ハイブリッドがル・マン3連覇に向けて発進

7/23(火) 20:00配信

Webモーターマガジン

トヨタTS050ハイブリッドで戦う最後のシーズンが始まる

2019年7月22日、TOYOTA GAZOO RacingはWEC世界耐久選手権2019/2020年シーズンに投入する新型トヨタTS050ハイブリッドを初公開した。7月23日からスペインのカタロニアサーキットで始まる公式テスト「プロローグテスト」に参加、WEC連覇、ル・マン3連覇に挑む。

【写真】マシンとドライバーをもっと見る

トヨタTS050ハイブリッドは先代TS040ハイブリッドに替わるトヨタのハイブリッドレーシングマシンとして2016年にデビュー、2.4L V6直噴ターボエンジンとハイブリッドシステムの組み合わせによって1000psを発生するパワートレーンを搭載し、WEC世界耐久選手権2019/2020年シーズンを制覇するとともに、ル・マン24時間レースを連覇した。

今回発表された新型トヨタTS050ハイブリッドはその2019/2020年仕様と言えるもので、「昨シーズンのTS050 HYBRIDは最速でしたが、ライバルも開発を続けており、ライバルの卓越した開発能力を考えると、我々も開発を止めるわけにはいきません。空力パッケージ、信頼性向上のため、細かい変更を加えました」(パスカル・バセロン テクニカルディレクター)とのこと。実際に公開された画像を見ると、フロントノーズ、フロントカウル、サイド開口部の形状などが変更されているようだ。

WECには2020/2021年シーズンから新しいハイパーカー規定が導入されることがすでに決定しており、この2019/2020年がトヨタTS050ハイブリッドで戦う最後のシーズンとなるが、それでもマシンの進化が止まることはない。今シーズンはさらなる性能調整が加わることになっていて、楽勝は許されない状況となりそうなのだ。

また同時に、ドライバーラインアップも正式発表されている。今シーズンも2台体制で、7号車は昨年と変わらず、マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの3名。8号車はセバスチャン・ブエミと中嶋一貴の2人に、2017年のル・マン勝者で、かつWECチャンピオンであるブレンドン・ハートレーが加わる。

TS050 HYBRIDにとって最後のシーズンは、開幕戦となる9月1日のシルバーストーン4時間レースを皮切りに4大陸を巡る、全8戦、計66時間の戦いとなります。シリーズは、富士スピードウェイ、アメリカのセブリング、ベルギーのスパ・フランコルシャンを経て、来年の6月13日~14日のル・マン24時間レースで最終戦を迎えることとなる。

2019-2020 FIA世界耐久選手権(WEC)カレンダー

第1戦 2019年9月1日 シルバーストーン4時間
第2戦 2019年10月6日 富士6時間
第3戦 2019年11月10日 上海4時間
第4戦 2019年12月14日 バーレーン8時間
第5戦 2020年2月1日 サンパウロ6時間
第6戦 2020年3月20日 セブリング1000マイル
第7戦 2020年5月2日 スパ6時間
第8戦 2020年6月13-14日 ル・マン24時間

Webモーターマガジン

最終更新:7/23(火) 20:00
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事