ここから本文です

女の子が生まれない村 216人全員が男の子って?

7/23(火) 17:49配信

ニューズウィーク日本版

<働き手にならない女の子を堕胎してしまう貧しさゆえの悪習を、インド政府は根絶しようとしてきたのだが>

インド北部のある地区で、過去3カ月に生まれた赤ちゃんの中に女の子が一人もいなかったことが分かり、当局が理由を調べ始めた。通信社ANIによれば、北部ウッタラカンド州のアターカシー地区の132の村では、過去3カ月で216人の赤ちゃんが生まれたが、その全員が男児で女児は一人もいなかったという。

インドでは女性蔑視の考え方が根強く、生まれてくる赤ちゃんが女の子だと分かると堕胎される傾向が強い。中央政府はこの悪しき慣習を覆そうと取り組んでいるが、アターカシー地区の一件を受けて、その政策が機能していないのではないかと懸念する声が上がっている。

中央政府は1994年に、男女産み分けのための中絶を法律で禁止した。それでも、女の子が生まれれば結婚の際に高額な持参金を用意しなければならず、男の子ならば将来の稼ぎ手になるという考えから、今もそうした中絶が一般的に行われている。

<以前この地区では聞いたことがない>

ソーシャルワーカーのカルパナ・タクールはANIに対して、今回のアターカシー地区の統計結果は、当局の対策が十分ではないことを示していると語った。「これらの村で過去3カ月、女の子が一人も生まれなかったのが単なる偶然とは思えない。このデータは、アターカシー地区で女児の堕胎が行われていることを示している。政府や当局が何もしていないことのあらわれだ」

この統計結果を受けて、同地区の医療関係者は緊急会議を開いた。ANIによれば、同地区のアシシュ・チャウハーン長官は、「何が男女比に影響を及ぼしているのかを解明するために、これらの地域を監視している。今後詳しい調査を実施して、男女比の不均衡の原因を特定するつもりだ」と語った。

ウッタラカンド州議会のゴパール・ラワット議員も、保健省に「憂慮すべき統計」の原因を調べるよう指示。英インディペンデント紙によればラワットは、「アターカシー地区の132の村で女の子が一人も生まれなかったというのは衝撃だ。この地区で女児の堕胎が行われたという話は、ほとんど聞いたことがなかった」と語った。

2011年度のインド国勢調査報告書は、0~6歳の子どもの男女比を1000(男の子):914(女の子)としている。だが国連人口基金(UNFPA)は、北部の一部の州では女の子の割合がもっと少なく、男女比が1000:850のところもあったと指摘した。

1/2ページ

最終更新:7/24(水) 19:54
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

ニューズウィーク日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事