ここから本文です

田口淳之介 車売却を極秘相談…小嶺麗奈と再出発を前にけじめ

7/23(火) 6:08配信

女性自身

7月11日、東京地方裁判所で田口淳之介被告(33)と恋人・小嶺麗奈被告(39)の初公判が行われた。大麻取締法違反で逮捕・起訴されていた2人がそろって出廷するという異例の裁判。法廷でも、驚きの証言が飛び出した。

【写真】車を品定めをする男性に田口は熱心に“商談”を

隣り合って座り、ともに起訴内容について「間違いありません」と認めた2人。田口が小嶺について「これからもいっしょに交際を続けていきたい」と告白すると、小嶺も田口について「出会ったなかで、いちばんやさしい人」と語る。そして交際についても「……続けていきたいと思います」としたうえで、こう続けた。

「交際を続けるなら、結婚したいと思っています」

この“法廷プロポーズ”とも報じられた小嶺の発言は、大きな話題を呼んだ。

いっぽう、田口も実はすでに小嶺との未来に向けて保釈後更生ライフを描き始めていた。公判直前の7月上旬、彼の姿は都内のショッピングセンターにあった。駐車場に愛車が止まると、助手席から田口が出てくる。運転していたのは、知人とおぼしき男性。しばらくすると、別の男性も合流してきた。

どうやら愛車の売却相談をしていたようで、田口は車検証を合流した男性に見せている。男性は車検証をスマホで撮影すると、続いて車を品定め。その横で、彼は熱心に説明していた。そこから話し込むこと1時間。“商談”を終えると、田口はショッピングセンターに入ることなく再び車へ。そして知人の運転で走り去っていった。

田口の決断について、レイ法律事務所の松下真由美弁護士はこう解説する。

「車の売却相談をしていたのであれば、それは判決後の生活を見据えているのだと思います。もし執行猶予がついた場合、その期間中に車の運転で事故を起こしたら実刑になる可能性もありますからね。そうならないために車を処分することはあります」

小嶺の発言を受け、けじめの決意をした田口。公判の最後、彼は今後についてこう語っていた。

「たくさんの方にご迷惑をおかけしました。自分自身を律して生きていきたいです」

すでに裁判は即日結審しており、判決は7月30日に言い渡されるという。田口は小嶺と身を固めることで更生し、第二の人生を正しく歩むことができるのだろうか。

最終更新:7/23(火) 7:43
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2878合併号・8月6日発売
毎週火曜日発売

特別定価450円(税込)

小泉今日子 3億円自宅を売却!
蒼井優 山ちゃんと同居開始!
松本人志 浜田雅功と極秘会談!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事