ここから本文です

宮本佳実の「#年収1000万ガール」になるまで 『お金を価値のある物に交換しよう!』

7/23(火) 21:12配信

with online

お金は幸せと交換できるチケットです!

こんばんは。ワークライフスタイリストの宮本佳実です。

お金を使う時って、ついつい「もったいないな~」と、罪の意識にさいなまれてしまったりしませんか?「お金」とは、「幸せと交換できるスペシャルなチケット」なんです。
たとえば、電気代の請求書がくると、「また電気の支払いきたー、払うのいやだなー」なんて、思いますよね。でも、その電気を買うのは、暗い夜でも明るい部屋で過ごせる幸せが欲しいから。寒い日でも、暖房のきいた暖かい部屋で過ごせる幸せが欲しいから・・・ですよね。なのに、お金を支払う時になると「もったいない」というネガティブなエネルギーで交換するなんて、せっかくの「幸せ」が半減してしまいます。

【「#年収1000万ガール」になるまで】記事一覧はこちら

「お金」自体は、食べても美味しくないし、雨風をよけ、体を温めてくれるわけではありません。その自分が「価値がある」と思うものと、交換できる便利なチケットというだけなのです。
なのに、必要以上に「お金」というものに価値を置きすぎて、お金に捉われていると、「お金」を「価値あるもの」と交換することさえ、もったいないと感じてしまいます。

価値があるのは、「お金」自体ではなく、「交換した先の何か」なのです。だからこそ、自分が「価値がある」と思うものと、上手に「お金」=「幸せと交換できるチケット」を交換していきましょう。
必要以上に「お金は大切」だと思ってしまうことこそが、お金に振り回される原因です。
お金はあなたを幸せにする単なるツールだということを知ってください。

「お金」を幸せと交換したお話

私は自分の本「可愛いお金持ち養成講座」の中でも、『お金は幸せと交換できるチケット』だということを書いています。以前、その本を読んでくださった読者の方が感想をブログに書き込んでくれたことがありました。

その方はご自分の不調なことに対して、お金を使うことが割合多く、薬の支払いなどで、いつも「もったいないなぁ」と感じていたそうです。それを、それまでは「なんでだろう?」と疑問に思ったこともなかったそうです。そんな時に「お金は幸せなことと交換するチケット」という言葉をみて考え方が変わったと。その方はそれまで、「お金を病気に対して支払っている」と思っていたから、もったいないと感じていたけど、「私は、自分の健康のために支払っている」ということを、この本を読んで気付いたと教えてくださいました。

病気のために支払っているのじゃなくて、健康のために元気になるために、支払っている。
そう、幸せに健康になるために、お金とお薬を交換していたのです。

薬を買う時、病院にいくとき、病気のために払っていると考えると、「もったいない・・・」と嫌気がさしてくるけれど、健康のために支払っている!と、目線を変えてみると「ありがたい」と思えてくる。
そう、「お金は『幸せ』と交換できるチケット」だから!意識的に「幸せ」と交換するようにしていくことで、「お金を払う」ということに、嫌悪感がなくなり、お金の流れがどんどんよくなっていきます。

1/3ページ

最終更新:7/23(火) 21:12
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事