ここから本文です

シミを濃くさせない方法を専門家がアドバイス! シミ対策の食べ物、UVを塗り直す目安etc.

7/23(火) 22:40配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」8月号では、夏のお悩みの代表格「シミ」について大特集。シミをつくらない、濃くさせないポイントを美容のプロが詳しく解説します。

【カタログ】美白の名作多数! 人気プチプラコスメをチェック

ぽつぽつスパイラルにさらば!美肌を邪魔する3大悩み【大人のニキビ・ニキビ跡・シミ100問100答】

油断していると突然、姿を表すニキビやシミ。そして、気づかぬうちに深い影を落とすニキビ跡。間違ったケアをしている人も多い、3大悩みのメカニズムからケア&カバー法までご紹介します!

絶対に濃くさせないシミのケア&カバー法

Q シミ予防の日焼け止め、どのぐらいで塗り直しが必要?
A 2時間を目安に塗り直しを
「落ちにくさをうたっているものも多いですが、日焼け止めは紫外線を浴びているうちに機能が低下します。2時間を目安に塗り直しを」(慶田先生)

Q 高SPFのBBだけでもOK?
A シミ対策には重ね塗り推奨です
「高SPFだからと1品ですませるよりも、日焼け止め+下地+ファンデーションと重ね塗りした方が相乗効果でUV防御力は高まります」(慶田先生)

Q シミにしないためのレスキューケアは?
A とにかく鎮静+シンプルケアを
「焼けた肌はその日のうちにクールダウン。肌が過敏なので、コットンパックなどのシンプルケアで肌の鎮静を」(レイナさん)

クールダウンさせるには、保冷剤を薄手のタオルに包んで肌にそっと押し当てるのも◯。

Q 紫外線にさえ気をつけていれば、シミはできない?
A ストレスや外的刺激など、シミの原因はさまざまです
「紫外線のほか、摩擦や大気汚染物質といった外的刺激やストレスなどによってもメラニンは過剰生産されるので、シミができる原因に」(本田先生)

Q 重ね塗りをすると、厚塗り感が出てしまいます
A UVは顔全体に、下地はメリハリ塗りすれば立体感が出ます
「日焼け止めは全顔にしっかり。下地は目の下、眉間、唇下に塗り、下地の段階で立体感をつくっておけば小顔にも見えて一石二鳥です」(レイナさん)

UVは焼けやすい頬の内側→外側へと顔全体にオン。下地は目の下・眉間・唇下に塗る。

1/3ページ

最終更新:7/23(火) 22:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事