ここから本文です

吉本興業社長に新提案「こうなったら大晦日恒例『笑ってはいけない』に出演で」

7/23(火) 4:30配信

週刊女性PRIME

「あの時の涙を流して記者会見をしたヤツの芸を誰が見て笑うんだってなるから、これはやらせたくないんだよ。これはやってくれるなと思う。芸事はそういうことを全部忘れて、明るくくだらないなと見てもらうのが芸なんだから」

【写真記事】激ヤセしていた世界のヘイポー

 宮迫博之と田村亮の共同記者会見を受け、TBS『新・情報7daysニュースキャスター』でビートたけしが発したこの言葉に激しく同意している視聴者、読者が多いことだろう。

「以前に比べて楽屋はもちろんですが、客席の空気も重い感じがするんですよね。心配してくれているというか。やりづらいので早く収束して前みたいに戻ってほしいです」(某お笑い芸人)

 あれだけのお家騒動(?)や裏側が露呈してしまった以上、今やテレビやネットで「よしもと芸人を見ても笑えない」という声が多くなってしまった。

 お笑い事務所だからこそ、笑いで好転させてほしいところだけど……。そこで、別のお笑い芸人からこんな提案が。

「社長の岡本氏もよしもとクリエイティブ・エージェンシー副社長の藤原氏も、もともとはダウンタウンさんの担当マネージャーでしたし、会長の大崎氏も昔から二人三脚と言えるほど関係性は深い。

 こうなったら大晦日恒例『笑ってはいけない』であえてネタにするしかないんじゃないですかね。『笑ってはいけない吉本興業』みたいなタイトルにして。『笑ってはいけない』というタイトルだからこそ、笑えるというか」

 あの有名な「松本、遠藤、アウト!」のセリフを言っているのも藤原氏。

「岡本社長はダウンタウンのマネージャー時代に『ガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)に白いブリーフ姿で猫を抱き、山崎邦正さん(現・月亭方正)との絡みで視聴者やファンから有名な存在でした。

 大晦日にその姿で登場したら“社長がここまでやるのか”となってネガティブイメージもマシになると思うんですけどね」(前出・芸人)

 災い転じて……となるか?

最終更新:7/23(火) 4:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9/3号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事