ここから本文です

【世界水泳】松元克央、銀メダルで200m自由形日本初の快挙! 日本新で今大会の日本勢第1号

7/23(火) 20:07配信

THE ANSWER

愛称「カツオ」が銀メダル「群れを連れているカツオになりたい」

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第3日(23日)の男子200メートル自由形決勝で松元克央(セントラルスポーツ)が、1分45秒22の日本新記録で銀メダルに輝いた。この種目でメダルを獲得するのは日本人初の快挙で、メダリストは今大会のトビウオジャパン第1号となった。

【画像】今大会のヒロイン候補? 「可愛すぎて、ずっと見ていられる」と女子選手もうっとり…代表内で「美人さん」1位の声が上がる22歳・大本里佳

 5レーンを泳いだ中国の孫楊は、昨年のドーピング検査での妨害疑惑が報じられている中、金メダル。1位で入線した選手が失格となり、21日の400メートルに続く2冠を達成した。

 松元は初出場した2017年大会で予選敗退。「代表に選ばれるだけじゃダメなんだなというのを凄く実感した。代表に選ばれるのであればメダルは絶対に獲りたいと思い始めてから、意識は少し変わった。代表に入ってみたら『代表に入っている中でメダルを獲っている選手が輝くんだな』って思った」。 昨秋には右肩痛で練習量が減った。リハビリ生活が続く中でも高い目標を見据え、この日は世界を舞台に輝きを放った。

 本名は「克央(かつひろ)」だが、周囲や両親にまでも「カツオ」と呼ばれる。メディアを通じ、ファンにも徐々に浸透してきた。「一人で泳がずに、たくさんの魚の群れを連れているカツオになりたい。みんなに押されるようなカツオ。たくさん仲間がいるみたいな。応援してくれる人がたくさんいるような選手にもなりたい」。26日には男子800mリレーの予選、決勝に臨む。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:52
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事