ここから本文です

「俺もバルサBからオファーあった」 元バイエルン宇佐美、久保のレアル移籍に持論「堅実」

7/23(火) 10:30配信

Football ZONE web

【インタビュー③】10代で加入した強豪バイエルン時代を回想 「そこで見られる景色のレベルは相当なものだった」

 ガンバ大阪にあの男が帰ってきた。

 6月24日、ドイツ1部アウクスブルクからFW宇佐美貴史が完全移籍で加入すると発表された。そして7月20日、アウェーで行われたJ1リーグ第20節の名古屋グランパス戦(2-2)で3年ぶりにG大阪のユニフォームを着て試合に出場。1-2で迎えた後半アディショナルタイム1分に劇的な同点ゴールを決めて、いきなり“救世主”となった。

【動画】「タカシのゴールを覚えているか?」 宇佐美貴史がバイエルンで決めた“唯一”の得点シーン

 ドイツでの戦いを終えたばかりの宇佐美は今、どんな思いを抱いて再びJリーグのピッチに立つのか。古巣帰還が発表されて間もない頃、大阪府吹田市の万博練習場で汗を流す宇佐美を直撃。全4回で宇佐美が思い描く現在、過去、未来をお届けする。

 第3回となる今回は「10代選手のビッグクラブ移籍」について――。宇佐美がJリーグ復帰を果たした同日(現地時間)、アメリカ・ヒューストンで行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で、レアル・マドリードでの“デビュー”を飾った日本代表MF久保建英についても口を開いた。

   ◇   ◇   ◇

「今、誰かに『どうやった?』と聞かれたとしても、どんなことでも全面的に話せる」

 宇佐美がそうはっきり話すのは、19歳で挑戦したバイエルン・ミュンヘン時代のこと。2011年夏、まだ10代だった「天才少年」がドイツ“絶対王者”の一員になったことは日本中で話題になった。G大阪の下部組織で育ち、16歳でトップチームに昇格。17歳でデビューし、2年後には世界へ――。今でこそ、18歳の久保がFC東京からレアルへ移籍し、世界を騒がせているが、宇佐美は「10代でビッグクラブ」の“第一人者”とも言える存在だろう。

「23、24、25歳になったら(ビッグクラブ移籍を)決断できひんねんやろうな、とは思った。『今やからできる』と、その時ですら思っていた。チャンスもないと思ったし、結果、決断として失敗になったとしても、自分が長くサッカーをするなかで、その1年を10代で経験できる人はそんなにいないと思ったし、そこで見られる景色のレベルは相当なものやと思った。実際、相当なものがあった。成功を求めて行ったけど、(失敗したとしても良いと思って)すべて込み込みやった」

 恐れずに、チャレンジすることを決めた19歳の宇佐美。踏み切れたのは、ただ「行きたかった」「挑戦したかった」という思いからだけではない。もちろん自信はあったが、そこには“勘違い”もあったから決断することができたのだという。

「若い時は、本気の“勘違い”をできる強さがある。振舞いで間違うこともあるけど、本気で『俺ってすごい』って勘違いできることは強いから。過度の自信ぐらいでいいと思ったし、その自信が崩れた時に知れることもある」

1/3ページ

最終更新:8/2(金) 17:03
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事