ここから本文です

アーセナル、レアルのスペイン代表MF獲得合意へ ラムジーの後釜として期待

7/23(火) 13:05配信

Football ZONE web

期限付き移籍で契約は1年間 トットナムとの競合制す

 アーセナルはレアル・マドリードとスペイン代表MFダニ・セバージョスの期限付き移籍で合意に達したようだ。契約は1年間。英公共放送「BBC」が報じている。

【移籍一覧】2019-20シーズン欧州主要リーグ「契約満了&新加入リスト」

 セバージョスは日本代表MF乾貴士が所属するベティスでブレークを遂げ、2017年にレアルに引き抜かれたスペイン期待の星。15年のU-19欧州選手権優勝メンバーの1人で、17年のU-21欧州選手権ではチームは準優勝だったが、大会最優秀選手に選出された。すでにスペイン代表でも6キャップを刻んでいる。

 昨季はフレン・ロペテギ元監督の下でリーグ開幕戦にスタメン出場。リーグ戦では23試合で3得点だった。より多くの出場機会を求める22歳にはトットナムも獲得に関心を示していたが、同じロンドンでもエミレーツ・スタジアムを本拠地とする“ガナーズ”でのプレーを選択した。

 スペイン紙「マルカ」によれば、アーセナルはセバージョスに対して年間40試合のプレー機会を与えるとオファーしているという。契約満了で退団したウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(→ユベントス)に代わる存在として期待されている。

 今夏の移籍市場では目立った補強がなかったアーセナルが、ようやくウナイ・エメリ監督が望む即戦力獲得にこぎつけたようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/23(火) 13:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事