ここから本文です

「世界634クラブランキング」を米メディア算出 注目の“トップ10”、日本勢の最上位は?

7/23(火) 20:20配信

Football ZONE web

独自の指標を用いてランキング化 上位にはCL常連組が並ぶ

 米インターネットメディア「ファイブサーティエイト」が公表した世界のサッカークラブランキングで、プレミアリーグ連覇を達成したマンチェスター・シティが1位に輝いた。2位にはブンデスリーガ7連覇のバイエルン・ミュンヘン、3位は14年ぶりにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制したリバプールが続いている。日本のクラブでは、川崎フロンターレが150位で最上位となった。

【一覧】「世界634クラブ」ランキング、「TOP20」&「J1リーグ勢の全順位」

「ファイブサーティエイト」は、アメリカの統計学者ネイト・シルバー氏が立ち上げたブログで、2013年には米スポーツ専門局「ESPN」が買収。現在は米放送局「ABC」の傘下となっている。独自指標のSPI(Soccer Power Index)によって、世界中の全634クラブをランキング化している。その要素には単なる勝敗だけではなく、得失点、タイトル、順位などが含まれている。さらに、保有選手の市場価値など加味して評価されている。

 7月22日時点の最新ランキングで、1位にはプレミア王者のマンチェスター・シティ(イングランド)が輝き、以下2位にバイエルン(ドイツ)、3位にリバプール(イングランド)、4位にバルセロナ(スペイン)、5位にパリ・サンジェルマン(フランス)、6位にチェルシー(イングランド)、7位にレアル・マドリード(スペイン)、8位にトットナム(イングランド)、9位ユベントス(イタリア)、10位ドルトムント(ドイツ)となった。

 日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)は、順位を上昇させて20位にランクイン。日本代表MF中島翔哉が今夏移籍したポルト(ポルトガル)は22位、元日本代表MF長谷部誠と日本代表FW鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)が37位、日本代表MF乾貴士のベティス(スペイン)は40位となっている。

 欧州クラブが上位を占めるなか、それ以外の地域で最上位になったのはブラジルのパルメイラスで、全体の38位だった。続いてフラメンゴ(ブラジル)の56位、リーベル・プレートとボカ・ジュニアーズのアルゼンチン勢が78位と79位、サントス(ブラジル)が82位、クラブ・アメリカ(メキシコ)の104位と続いて、106位に中国スーパーリーグの広州恒大がランクインした。

1/2ページ

最終更新:7/24(水) 15:54
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事