ここから本文です

チェルシーが好機逃さず2発、バルセロナの追撃かわす 日本開催の“強豪対決”に2-1勝利

7/23(火) 21:23配信

Football ZONE web

前半にエイブラハム、後半にバークリーがゴール バルサはラキティッチが豪快弾

 スペインの名門バルセロナとイングランドの強豪チェルシーが23日、埼玉スタジアムで行われた親善試合Rakuten CUPで対戦し、前後半にそれぞれ1点ずつを決めたチェルシーが2-1で勝利した。

 チェルシーは19日に、J1リーグ王者の川崎フロンターレと対戦(0-1)し、これが日本での2試合目となった。一方のバルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらコパ・アメリカ(南米選手権)参戦組が、日本遠征のメンバーには含まれず。また今夏、鹿島アントラーズからバルセロナBへの移籍が発表された日本代表MF安部裕葵は、試合の登録メンバーに入らなかった。

 序盤から両チームともそれほどプレースピードを高めない展開になった。そのなかでバルセロナは、3トップの中央に入った新加入のFWアントワーヌ・グリーズマンが攻撃の最終局面で変化をつける場面が目立ち、前半15分にはFWウスマン・デンベレに技巧的なスルーパスを狙ったが、わずかに流れた。

 前半の半ばからはチェルシーが立て続けにチャンスを迎えた。同23分にはMFクリスチャン・プリシッチが左サイドからカットインしたシュートをGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが弾いたところにFWエイブラハムが詰めたが、無人のゴールにボールを抑えきれなかった。続く同24分にはMFメイソン・マウントがゴール正面からミドルシュートを放つも枠外。さらに同28分にはマウントから右サイドに展開し、DFセサル・アスピリクエタの折り返しをプリシッチが狙ったが、ヒットせずに枠を外れた。

 そして同34分、チェルシーは敵陣でプレスをかけ、バルセロナのMFセルヒオ・ブスケツのパスをMFマテオ・コバチッチが弾くと、そのボールをエイブラハムがペナルティーエリア内で受けて、そのままテア・シュテーゲンとの1対1を制してゴール。チェルシーが1点を先制してハーフタイムを迎えた。

ハーフタイムでバルセロナは11人がすべて交代。MFイバン・ラキティッチや、新シーズンに向けアヤックスから加入したMFフレンキー・デ・ヨングがピッチに立った。また、チェルシーはDFダビド・ルイスら最終ラインの3人を交代させて後半がスタートした。

 後半のメンバーのほうがコンディションの良さを感じさせたバルセロナは、中盤からの速いパスワークでチェルシー陣内に切り込む場面が増えた。その中でFWカルラス・ペレスやMFカルラス・アレニャーが枠内にミドルシュートを飛ばしたが、チェルシーのGKケパ・アリサバラガが安定感のあるセービングを見せてゴールを許さなかった。

 チェルシーは同15分にFWオリビエ・ジルーら3人、同25分にFWミシー・バチュアイら4人を投入し、アリサバラガ以外のフィールドプレーヤーがすべて交代した。バルセロナはチェルシーが大幅に選手を交代してからはなかなか相手ゴール前まで切り込むことができなかった。逆に同36分、左サイドから攻め込んだチェルシーは、MFロス・バークリーが左足でミドルシュートを流し込み追加点を挙げた。

 バルセロナは同アディショナルタイムにラキティッチが鮮やかなミドルシュートを決めて1点を返したが、同点には至らず。来日2試合目とリーグ開幕戦が1週間早いチェルシーがコンディションに勝った感はあったが、5万1126人を集めた豪華な親善試合はチェルシーが2-1で勝利を収めた。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/23(火) 21:25
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事