ここから本文です

ジダン監督、前日会見で18歳MF久保の注目度の高さに言及 「良いか悪いかは分からない」

7/23(火) 22:30配信

Football ZONE web

久保のトレーニングに対する姿勢を評価しつつも冷静に分析

 スペインの名門レアル・マドリードは、現地時間23日(日本時間24日)にインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のアーセナル戦に臨む。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、20日のバイエルン戦(1-3)でレアルデビューを飾ったばかりの日本代表MF久保建英の注目度の高さについて問われると、「良いか悪いかは分からない」と冷静な見解を示した。クラブ公式ツイッターやYouTubeチャンネルが、会見の一部始終を公開している。

【動画】「レアル・マドリードの真珠」と海外メディア称賛 日本代表MF久保建英がバイエルンMFデイビスを翻弄した足技コントロール

 20日にICCバイエルン戦に臨んだレアルは、前後半でメンバーを総入れ替えして臨んだが、3失点を喫して新シーズン初の実戦で黒星を喫した。「背番号26」を背負った久保は、後半スタートから途中出場。キックオフ早々、ハーフウェーライン付近からの縦パスを受けると、相手2人に囲まれるも巧みなタッチで局面を打開し、すぐさま観客の目を引き付けた。さらに後半17分には、敵陣中央でボールを受けた久保がスルーパスを送り、ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールのチャンスを演出。何度もボールに触るなど上々のデビューを飾った。

 一行はヒューストンからアメリカの首都ワシントンD.C.へ移動。23日にICCアーセナル戦を控えるなか、ジダン監督は前日会見に登壇した。日本のメディアから「注目を集めることは、久保にとって悪いことか?」という質問を受けたフランス人指揮官は、次のように語っている。

「(注目を集めることが久保にとって)良いか悪いかは分からない。彼はどこにいるか分かっている。 非常によくトレーニングしている選手だ。プレーすることを恐れていし、サッカーをするのが好きで、それは良いことだ。彼は自分がどんなクラブにいるかをよく分かっている。ただ、彼自身が言うとおり、ここにいるすべての選手が重要だ」

「マドリードに戻ってからはっきりするだろう。今より先のことは分からない」

 久保は新シーズン、レアルのフベニールA(U-19)で選手登録され、Bチーム(カスティージャ/3部)が主戦場になると見られている。日々の練習やバイエルン戦でのハイパフォーマンスにトップチームでのプレーにも期待は高まるが、ジダン監督は「分からない」と明言を避けている。

「我々は新シーズンに向けてトレーニングをしている。現時点で私たちと練習をしているし、試合にも出場した。これから何が起こるかは分からない。マドリードに戻ってから、はっきりするだろう。今行っている準備より先のことは分からないよ」

 プレシーズン中の欧州の選手と、5月までFC東京でリーグ戦を戦い、6月には日本代表の一員としてキリンチャレンジカップとコパ・アメリカ(南米選手権)を戦っていた久保とではコンディションに差がある。ジダン監督は“Kubo”という存在をしっかりと認識しつつも、戦力としての可能性を冷静に見極めるスタンスを最後まで崩さなかった。

【お詫びと訂正】
 本記事内のコメント部分の翻訳に、一部誤りがありました。読者の皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫びし訂正致します。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/26(金) 18:12
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事