ここから本文です

「公的年金」が破綻しなくても安心できない理由は、財源に合わせて「年金額を減らす」仕組みだから!年金制度は残っても、給付額1~2割減は覚悟しよう!

7/23(火) 21:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 「老後2000万円不足」問題とともに再燃した「年金不安」に解答!  老後の収入の大半を占める「公的年金」の制度は破綻しないが、もらえる金額は減りそうだ! 

【詳細画像または表】

 発売中のダイヤモンド・ザイ9月号の巻頭特集では、注目の「老後資金2000万円不足」問題を徹底検証!  「2000万円不足」の根拠を丁寧に図解し、本当に2000万円が必要かどうか、公的年金が破綻しないカラクリなども詳しく説明。それでも不安な人には、書き込み式の「老後資金試算マニュアル」を用意!  ”老後2000万円問題”で、将来に不安を抱いている人の疑問に答える、必見の特集だ。
【※関連記事はこちら! 】
⇒“老後資金は年金だけでは足りない”のは当然なのに、なぜ「老後資金2000万円不足」騒動が起きたのか?  今こそ「老後に本当に必要な金額」を計算してみよう

 今回はこの中から、「公的年金は本当に大丈夫!?  年金制度は破綻しない! 」の記事を抜粋!  「老後2000万円不足」問題の根底には「公的年金制度」への不信感があるといわれるが、そもそも年金制度の仕組みはどうなっているのか?  基本からやさしく解説しているので、ぜひ参考にしてほしい! 

年金の給付水準を「調整」する仕組みがあり
「公的年金制度の破綻」は、まず考えられない
 「老後資金2000万円不足」問題がここまで大きくなった背景には、年金制度に対する国民の不安や不信感がある。政府が金融庁の報告書を必死に否定したのにも、「年金に対する不安がこれ以上高まっては困る」という事情が透けて見える。安倍首相は「年金は100年安心」と強調しているが、本当に大丈夫なのだろうか。
【※関連記事はこちら! 】
⇒日本の年金制度は「国+会社+自分=3層構造」と理解して、“じぶん年金=iDeCo”の重要性を確認しよう! 公的年金、企業年金、じぶん年金の3つの違いを解説! 

 上の図は、年金や医療・介護などの社会保障費の推移を示したもの。見てのとおり、給付額は膨らむ一方だ。原因はあらためて言うまでもなく、少子高齢化の進行だ。

 財源となるのは本来、社会保険料だが、費用の増大にまったく追いつかず、差額は主に税金と借金(国債発行)で埋められている。2014年の消費増税も、今年10月に予定されている再増税も、社会保障費の財源に充てるのが目的だ。

 しかし、社会保障費の総額は2025年度には2017年度比で17%増、2040年度には58%増と、さらに膨らむ推計で、消費税を10%に上げるだけではとても足りそうにない。こうした状況を見れば、国民が不安を感じるのも当然だろう。しかし、公的年金に関して言えば、「制度の破綻」はまずないと考えていい。

 というのも、少子高齢化の進行と限られた財源に合わせて、年金の給付水準を「調整」する、わかりやすく言えば年金の“切り下げ”を行う仕組みが導入されているからだ。

 正確には「マクロ経済スライド」と呼ばれる仕組みで、増税や経済状況の変化で今後インフレ率が上がっても、年金額は上がらないという形で、“実質的な切り下げ”が行われる。 つまり政府の言う「100年安心」は、公的年金の「制度が100年もつ」ということで、国民それぞれが「年金だけで100歳まで暮らせる」という意味ではないのだ。

 なお、年金よりさらに深刻な状況なのが医療・介護(特に医療費)だが、これも今後、給付額の増大を抑える何らかの制度改正が行われるはずだ(それはつまり、国民の負担が増すことを意味するが)。

社会保障費は膨張していくので、もらえる
年金の水準は今後下がっていきそう
 実際、受給開始時点(現在は65歳)の年金額が、現役世代の平均所得に対してどれくらいの割合になるかを示す「所得代替率」は、この先だんだん下がる見通しとなっている(下の図を参照)。所得代替率は、年金の給付水準を測る際によく使われる指標だ。

 所得代替率の見通しは、今後の経済成長率がどうなるかなどによっても違うため、これだけで年金が減ることを示すわけではない。ただ現実には経済成長率も伸び悩んでいるので、楽観はできない。

 政府は「所得代替率50%を守る」ことを公約にしているものの、社会保障費の膨張状況を見ると、これもどうなるかわからない。

 また、そもそも所得代替率の出し方にも批判がある。この数字の基準となっているのは、「40年間サラリーマンで働いた夫と、40年間専業主婦の妻」という「モデル世帯」で、当てはまる人がどれくらいいるのか、という問題だ。

 いずれにせよ、もらえる年金額は今後、減っていくと考えるべきだ。受給開始年齢の引き上げも十分ありうるし、額面の年金額が変わらなくても、税金や社会保険料の負担増という形で“手取り”が減ることも考えられる。

 「これまで厚生年金に加入していなかった中小企業の加入が増えて、社会保険料収入が上向いているといったプラスの変化もあり、年金制度について過度に悲観的に考えるのは間違いです。ただ、もらえる年金額は現状の1~2割減、状況によってはさらにもう少し減る、と見ておいたほうがいいでしょう」(ファイナンシャルプランナーの深野康彦さん)

 年金制度が破綻して1円ももらえなくなる、というのは杞憂。ただし、もらえる年金額は減る。それが公的年金に対する、正しい想定だ。

 制度が破綻しないことと、年金だけで老後の生活ができるかは別の問題。老後の支出を想定し、不足分があれば補うことが必要になる。ダイヤモンド・ザイ9月号の巻頭特集はこれに続き、老後の収入の柱になる「年金見込み額」や、「現在の家計を把握し、支出を想定」など、図解と書き込み式マニュアルを交えて、誰にでもわかりやすく解説しているので、ぜひ誌面をチェックしてほしい。
【※関連記事はこちら! 】
⇒“老後資金2000万円”が不足する問題は、株の「配当」で解決できる!?  65歳で毎月7万円の株の「配当」収入を得るための事前の準備と投資プランを詳しく解説! 

株主優待名人・桐谷広人さんも絶賛「10年続く株主優待株」
ダイヤモンド・ザイ9月号を要チェック! 
 今回は発売中のダイヤモンド・ザイ9月号の巻頭特集「生きていくだけなら老後資金は2000万円もいらない! 」から、「年金制度は破綻しない! 」の記事を抜粋した。もっと詳しく知りたい人は、本誌をぜひチェックしてほしい。

 ダイヤモンド・ザイ9月号の大特集は、「減配しない!  持ち続けられる『10年配当株』を買おう! 」。過去10年にわたって減配しておらず、今後も継続して配当収入が得られそうな「10年配当株」を紹介するほか、配当株にこだわって億り人になった個人投資家の投資手法も公開している。
【※関連記事はこちら! 】
⇒長期投資する銘柄選びの新基準“10年配当株”に注目!  過去10年間「減配」していない銘柄は、業績や株価も安定した優良株のはずで、ほったらかし投資にも最適

 また、「10年続く株主優待株37」では、株主優待を廃止・休止することなく10年以上継続してきた、株主優待名人・桐谷広人さんイチオシの株主優待株を紹介。投資信託に関する疑問に、カリスマファンドマネージャー・藤野英人さん(ひふみ投信)らが回答してくれる「人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問! 」も必見だ。

 ほかにも「『ユダヤ人大富豪の教え』の著者・本田健さんに聞く ワクワクするお金との付き合い方」「プロ10人に聞く 2019年後半の日本株予測! 」「仮想通貨 急騰のワケと今後は? 」「マンガ コンビニ対FCオーナーの争点は? 」「今度こそFXで儲ける!  レンジ攻略で7割勝つ! 」など、お得な情報が盛りだくさん。

 別冊付録は「老後資金をゼロから1000万円つくる方法」「2019年6月からの新制度対応!  ふるさと納税」の豪華二本立て。老後のお金が不安な人、2019年分のふるさと納税にまだ手をつけていない人は、ぜひチェックを! 

 ダイヤモンド・ザイ9月号は、全国の書店や楽天ブックス・Amazonで好評発売中! 

ザイ編集部

最終更新:7/25(木) 0:10
ダイヤモンド・ザイ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

10月号:8月21日

定価730円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事