ここから本文です

クールビズの「作法」意外と知らない各社事情

7/23(火) 16:00配信

東洋経済オンライン

 今や、夏の職場の定番スタイルとなった「クールビズ」――。

 2005年に政府が、地球温暖化対策の一環として「初夏から秋の軽装スタイル」を提唱し、今年で15年になる。政府側の推進機関である環境省からは、今年も4月23日に「2019年度(平成31年度)クールビズについて」という指針が発表された。

 だが、ビジネス現場を取材すると「この場合には、どんな格好をするか」で悩む人も目立つ。例えば、お堅い業種の相手先に行くケースだ。そこで今回、大企業と中小企業各社に質問し、実態を教えてもらった。多くの回答数を集めるのが目的でなく、この会社(業種)は「どう考えて、その服装を選ぶか」を目的にしたことを、最初にお断りしておく。

 2019年夏「クールビズの作法」(ドレスコード)例を、考え方とともに紹介したい。

■各部門に任せて「お客さま目線」で判断

 「2018年5月から、アサヒグループでは“ビジネスカジュアル”を導入しており、夏場に限らず、1年中ノーネクタイで過ごす従業員もいます。基本的に服装は自由で、ルールを設けていません。ただし、次のような基本原則を設けています」

 こう話すのは、アサヒグループ(アサヒG)全体の管理業務を担う、アサヒプロマネジメントの徳久雄弥さん(総務業務部・企画グループ マネジャー)だ。アサヒビールやアサヒ飲料などを持つ同グループが掲げる基本原則とは、次の3点だという。

(1) 食品業界にふさわしい、清潔感を損なわない服装
(2) TPOに応じた、ビジネスに適した服装
(3) お客様の視点に立った、来客対応可能な服装
 夏場の場合、ポロシャツ姿は見かけますが、Tシャツは“ビジネスにふさわしくない服”と認識されており、職場では見かけません。一方、株主総会などの式典や、商談の際は、ネクタイを着用する場合もあります」(徳久さん)

 アサヒグループホールディングスのような上場企業では、例えば株主総会は、コーポレート部門(人事部、総務部、広報部、法務部など)全体での取り組みとなる。同社が、今年3月の定時株主総会をホテルニューオータニ(東京都千代田区)で行ったように、外部施設を借りて式典を行う場合も多い。多くの社外の人と接する式典は、ジャケット着用、男性はネクタイ着用が一般的。この日ばかりは、関係者も“正装”が多くなるようだ。

1/5ページ

最終更新:7/23(火) 16:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事