ここから本文です

香川真司にとってのドルトムントとは?  長引く移籍先探しに思う

7/23(火) 17:57配信

webスポルティーバ

時代が変わった。久保建英のレアル・マドリード移籍や安部裕葵のバルセロナ移籍にそんな印象すら受ける今夏、30歳になり、いつのまにかベテランにカウントされることが多くなった香川真司も新天地を探して模索中だ。

久保建英と安部裕葵の主戦場。スペイン「2部B」のレベルは?

 ドルトムントとの契約は来年の6月30日まで残っているが、現在はクラブも本人も同意のうえで移籍先を探している。すでに香川がつけていた背番号23は、エデン・アザール(レアル・マドリード)の弟である新加入トルガン・アザールに譲っている。

 ドルトムントが新シーズンを立ち上げた7月上旬、香川はまだ日本国内でトレーニングを行なっていた。宮崎と仙台では自主トレをメディア向けに公開。「いや、どうしてもって言うんで」と冗談めかして笑いながら、浅野拓磨、井手口陽介らとともに汗を流している。自主トレ公開前には、筑波大学の谷川聡准教授(110mハードルの第一人者でシドニー五輪、アテネ五輪代表)のもとを訪れ、クイックネスの改善に取り組んだ。「まだ来季のクラブは決まっていない」と言いながらも、変化と成長を求めながら前向きに取り組んでいることが伝わってきた。

 自主トレを打ち上げると、香川はドルトムントに合流。7月12日には、ドイツ国内で行なわれたアマチュアクラブとの練習試合に途中出場し、1得点1アシストを決めている。とはいえ、ドイツのメディアは香川のこの試合への出場そのものを驚いたほどで、現時点で戦力としてはカウントされていない。

 その後、ドルトムントは北米でのキャンプに出発、ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールなどとプレシーズンマッチを行なっている。だが香川は、負傷中のマヌエル・アカンジ、マルセル・シュメルツァー、さらには香川と同様に移籍が濃厚と見られているアンドレ・シュールレらとともに参加していない。

 昨季の香川はドルトムントで出場機会と居場所を失い、ベシクタシュ(トルコ)に移籍したが、そこでも大きなインパクトは残せなかった。サポーターからは熱烈な応援を受けたが、昔から目標にしてきたスペインリーグでのプレーを望んでいる。ただ、昨夏にも希望を表明しながらまとまらなかったスペインへの移籍が、そう簡単に決まるとはなかなか考えにくい。セルタが名乗りをあげているとの報道もあるが、真偽のほどは定かではない。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 17:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事