ここから本文です

松本潤が演じた「松浦武四郎」ってどんな人? 北海道とアイヌを愛した「がいなもん」

7/24(水) 16:00配信

Book Bang

 いろんなことがあるけれど笑顔は消えはしない皆さんこんにちは。ジャニーズ出演ドラマ/映画の原作小説を紹介するこのコラム、今回は髷潤を堪能した「永遠のニシパ」(「シ」は正式には小文字)がもっとよくわかる、こちらの小説を紹介するよ。

■松本潤(嵐)・主演! 「永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎」(2019年、NHK)

 北海道150年記念ドラマとして放送された「永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎」。幕末から蝦夷地を調査すること6回、明治になって「北海道」という名前を提言した探検家の物語である。

 90分の単発ドラマという性質上、放映されたのは松浦武四郎の人生の一部分、1845年の第1回蝦夷地調査から、明治3年の開拓判官辞職直前までだった。28歳から53歳までの25年間だ。蝦夷地調査で地図を作り、和人に搾取されているアイヌの現実を知り、アイヌの人々に受け入れられて交流を持つ。武四郎の著した書物のせいで松前藩に命を狙われたり、時の幕府から出版の許可が出なかったりという話も登場した。

 だがその功績が明治新政府に認められ、函館府判事に任ぜられて蝦夷地の地名選定に尽力。「北加伊道」という名前を提言し、北海道とアイヌのために頑張るぞと思ったものの、方針が折り合わず政府と袂を別つ。以降、武四郎は一度も北海道の地を踏むことはなかった──というのがドラマの大筋である。

 ドラマの冒頭で「このドラマは『北海道』の命名を提言した松浦武四郎を主人公としたフィクションです」と字幕が出たように、短い時間で主題をわかりやすくするためだろう、史料にはない架空のエピソードが多く含まれていた。たとえば熊に襲われてアイヌの青年がケガをした話や、アイヌの女性・リセとのロマンス、彼女の息子を江戸に連れてくるくだりなどがそうだ。

 武四郎が北海道調査の最前線にいた時期だけに話を絞っていたため、そもそもなぜ彼が探検家を目指したのかとか、政府の役人を辞してからどうしていたのかといった話は描かれなかった。そこで、武四郎の生涯を描いた小説を紹介しよう。河治和香『がいなもん 松浦武四郎一代』(小学館)だ。ドラマは脚本家の大石静さんオリジナルで原作は存在しないのだが、『がいなもん』を読むと、松潤が演じた松浦武四郎という人がどんな人物だったかもっとよくわかる。──というか、めちゃくちゃ面白いのよこの人! 

1/3ページ

最終更新:8/14(水) 12:43
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事