ここから本文です

“バイク版・夏の甲子園” 灼熱の鈴鹿4耐でガチ女子ペアがクラス優勝を目指す!

7/24(水) 5:30配信

WEBヤングマシン

7月27日(土)決勝・応援ヨロシク!

『HYK・3大ワークス決戦』『テック21カラー復活』など、’19鈴鹿8時間耐久レースの話題が例年以上の盛り上がりをみせている中、8耐前日開催の鈴鹿4時間耐久レースの注目といえば、小椋華恋選手(20)と片山千彩都選手(19)の若き実力派女性ペアの参戦だ。GOSHI レーシングのCBR600RRを駆り、“バイク版・夏の甲子園”とも称される超難関レースに挑む。

【写真をまとめて見る】

2人の女子レーサーが 鈴鹿4耐出場を決めるまで

'17年から準国際格式のレースに格上げされた4耐は、ST600マシンによって争われ、ここ数年はアジアロードレース選手権の有力チームが各国の若手ライダーを起用して大挙エントリー。かつてノービスライダーの甲子園と呼ばれた4耐は、アンダー20歳のアジア国際レースといった側面をもってきており、日本を含めたアジアの若手ライダーが見応えのあるトップ戦いを展開してきている。

そんな中、ナショナル4H(国内ライセンスのライダーのみで構成されるクラス)優勝を目指し、ふたりの日本人女性ライダーが参戦する。GOSHIレーシングからエントリーする小椋華恋選手(20)と片山千彩都選手(19)のペアである。

小椋華恋選手は、ライダーである父の影響から3歳でポケバイに乗り始め、6歳でレースデビュー。秋ヶ瀬サーキットで開催されていたポケバイレース・74DAIJIRO-Eクラスで『めだまかれん』の愛称で活躍した。ロードレース転向後は、中学生でMFJレディースロードレースシリーズチャンピオンを獲得、昨年はMFJカップJP250レース筑波ラウンドで、クラス優勝を飾った。豪快なライディングフォームから現在は“フルバンク女子”の異名を持つ人気の女性ライダーだ。

一方の片山千彩都選手もバイク好きの父親仲間の影響から6歳でポケバイに乗り始め、74DAIJIROをライディング。その後は名門コース北九州カートウェイにおいて、鳥羽海渡選手、真崎一輝選手(共に世界選手権モト3クラスに参戦中)らとミニバイクレースで腕を磨いた。 ロードレース転向後はCBRカップHSR九州チャンピオン、NSF250Rで九州チャンピオンを獲得するなど九州を中心に活躍。’17年からJP250クラスに参戦開始し、スポットで参戦した昨年のMFJカップオートポリス大会で総合3位(NATクラス優勝)に入るなど、存在感を増してきている。穏やかな性格からは想像出来ない、やはり豪快なライディングフォームが特徴だ。

1/4ページ

最終更新:7/24(水) 12:07
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事