ここから本文です

[鈴鹿8耐直前! 佐藤寿宏のレース通信]本命は3大ワークス、大どんでん返しはあるか!?

7/24(水) 11:30配信

WEBヤングマシン

公式合同テストは水曜日から!

ロードレースを追いかけること20年以上のフリーライター・佐藤寿宏さんの「寿(ことぶき)通信」をお届け。国内外、レースの様々な現場から届く「寿通信」は、日本人選手の動向を中心にレポートする。今回は鈴鹿8時間耐久ロードレースを週末に控えたこともあり、直前情報をお送りする。

【写真をまとめて見る】

レースウィークに梅雨明け、各チームの暑さ対策は?

いよいよ鈴鹿8耐が始まります。今年は公式合同テスト2回目がレースウイークの水曜、木曜に組み込まれたことから、例年より1日早く走行が始まります。ようやく梅雨明けするようで、週間天気予報を見ると最高気温は32度ほど。ここ数年に比べれば低いものの、梅雨に入って30度にも届かずスッキリしない天気が続いているので、皆さん体調には十分ご注意くださいませ。

暑いレースウイークになることが予想されますが、事前テストでは、1度も暑いコンディションで走ることができていません。いかにコンディションに合わせたアジャストができるかもポイントとなってきますが、まぁトップチームは、うまく調整してくるでしょう。

今年の鈴鹿8耐の本命は、なんと言っても3大ワークス

5連覇を狙うYAMAHA FACTORY RACING TEAM、それを阻止すべく本気モードとなったRed Bull Honda、そしてワークスチームを復活させスーパーバイク世界選手権(SBK)トリオで臨むKRT(Kawasaki Racing Team)のぶつかり合いが楽しみなところです。

事前テストでは、3チームとも3人そろっての走行はなく、それがどう影響するか注目したいところです。

レースは、まず高橋巧が逃げて行き、レイ、中須賀が追う展開になるでしょう。高橋巧は、ここぞとばかり全開で飛ばすはずです。離れて行く高橋巧の背中を見ながらプライドのあるレイが、深追いすれば燃費にも影響が出てくるでしょう。この辺、YAMAHA FACTORY RACING TEAMは想定しており、3人のアベレージで勝負するとしている。クリアラップが、ほぼ取れない中、高橋巧が、どんなペースで走るかが、まずは序盤のカギになるでしょう。

事前テストでトップタイムを記録しているRed Bull Hondaの高橋巧が今年の最速ライダーと言えそうですが、トリオを組む清成龍一、ステファン・ブラドルが、どれだけのペースで走ることができるかがポイントになるでしょう。耐久仕様のCBR1000RRWは、予想通り仕上がって来ており燃費もよさそうです。

1/2ページ

最終更新:7/24(水) 11:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事