ここから本文です

トランプ税制改正…アメリカ不動産の市場価格に与える影響は?

7/24(水) 5:00配信 有料

幻冬舎ゴールドオンライン

NY・サウスベイエリアでは価格下落が見られるが…

幻冬舎ゴールドオンライン

2018年1月から導入されたトランプ税制改正(The Tax Cuts and Jobs Act, 略称“TCJA”)。減税に関わる改正事項の多くは、2025年12月末までの時限措置となっている。なかでも、連邦法人税率を35%から21%にまで引き下げる改正点については、日本でも大きく報道された。一方アメリカでは、地方税の控除に1万ドルの上限を設定したことによる税負担の格差が問題視されている。多くの人々は減税の恩恵を受ける本改正だが、ニューヨーク等の住宅価格や固定資産税の高いエリアに住んでいる人々にとっては「増税」につながることも。本記事では、トランプ税制改正が米国住宅市場に与えている影響について考察する。 本文:2,138文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込33

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

小川 謙治

最終更新:7/24(水) 5:00
幻冬舎ゴールドオンライン

おすすめの有料記事

もっと見る