ここから本文です

ランナーの素質がなかった私が、金メダルを取るために続けた「プラス3本」の魔法 #30UNDER30

7/24(水) 12:00配信

Forbes JAPAN

今年で2回目の開催となる、30歳未満の次世代を担うイノベーターを選出する企画「Forbes JAPAN 30 UNDER 30」。

「Forbes JAPAN 30 UNDER 30」特設サイト

今年は、昨年度の5部門から10部門に増やし、幅広い領域で活躍する30歳未満を合計30人選出する。選出に際して、各部門の第一線で活躍するアドバイザリーボードを組成。各界のフロントランナーたちに選出審査を依頼し、その結果をもとに編集部で協議を行った。

スポーツ部門のアドバイザリーボードのひとりに就任したのは、元女子マラソン選手でスポーツキャスターの高橋尚子だ。

2000年のシドニー五輪女子マラソン、35km地点手前。当時28歳だった高橋は、かけていたサングラスを沿道に投げ飛ばすと、激しいデッドヒートを繰り広げていた海外選手を一気に突き放した。

そのまま逃げ切り、日本女子陸上界初となる金メダルを獲得。まさに国民的ヒーローになった彼女は、しかし今、その金メダルを「過去のもの」と言い切る。

華々しい競技生活を支えたのは、メディアでしばしば取り上げられる故・小出義雄監督の存在だけではなかった。高橋の金メダルを可能にした、的確な目標設定と、ある意外な才能。それらをフル活用して、現在はスポーツキャスターや実業家としてビジネスでも活躍する彼女が、成功の軌跡と手に入れた本当の「財産」を振り返る。

陸上が仕事にならなかった時代に抱いた夢

「オリンピックで金メダルを獲った」と言うと、「小さい頃からものすごく英才教育で……」みたいに思われがちですが、全然そんなことはありません。むしろ逆で、教員だった両親には中学、高校、大学とずっと陸上をしている私に、「いつまで遊んでいるのか」と思われていたと思います。当時は陸上が仕事になる時代ではありませんでしたから、心配だったのでしょう。私も両親と同じ、学校の先生になることがずっと夢でした。

だからこそ、22歳で小出監督が率いていたリクルートの実業団チームの門を叩いたのは、大きな決断でした。大学でも教職の授業を取っていて、母校に教育実習に行かせてもらって、「教壇に立つ」ということを初めてリアルに体験したところ。15年以上、抱いていた夢がついに実現するタイミングで。「自分にも可能性があるのなら、もう少し陸上を続けてみたい」と思ったんです。

1/5ページ

最終更新:7/24(水) 12:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年10月号

株式会社アトミックスメディア

2019年10月号
8月24日(土)発売

980円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事