ここから本文です

苦境のドワンゴから分離したWebメディア、「電ファミニコゲーマー」の良質な「濃さ」

7/24(水) 15:30配信

HARBOR BUSINESS Online

電ファミニコゲーマーとは

 仕事柄、そしてネット好きの人間として、日々多くの記事をネットで読んでおり、そのいくつかはメモしている。そうした記録は年を追うごとに増えているのだが、その中でも特に多くの記事を記録しているサイトがある。

 最初のうちは何気なく書き込んでいるのだが、そのうちそれらが同じサイトのものだと気付く。そしてあるタイミングで良質なサイトなのだと理解する。そうして発見したサイトのひとつに「電ファミニコゲーマー」という奇妙な名前のサイトがある。

 ゲームメディアの「電」撃、「ファミ」通。ニコニコ動画の niconico の「ニコ」、協力メディアの4Gamer.netの「ゲーマー」。合わせて「電ファミニコゲーマー」。

 現在多く見られる細かくページ分割しているサイトとは違い、長文がよく掲載されている。それも、長いスクロールの下まで来ると、「えっ、次のページがあるの? というか、この長さの記事があと数ページもあるの?」と驚かされることがよくある。それも、ただ長いのではなく、濃い。

 電ファミニコゲーマーは、ゲームのサイトである。しかし、単なるゲームの情報が掲載されているだけではない。ゲームにまつわる人や文化に深く切り込んでいる。そして過去に触れられてこなかった人や話を引っ張り出して読ませてくれる。

 同サイトは2016年2月に創刊した。先日まではドワンゴの運営だったが、2019年6月30日をもって、ニュースメディア事業を株式会社マレに事業移管した(参照:電ファミニコゲーマー)。社長は編集長の平 信一氏。TAITAIの名前でも知られる平氏がこうしたメディアを立ち上げたのは、元カドカワ代表取締役社長の川上量生氏との関係が切っ掛けになっている(参照:ねとらぼ)。

 良質な記事が多いことは先述した。その中でも、特に貴重なのは「ゲームの企画書」という一連の超ロングインタビューだ。ただのゲームについてのインタビューではない。これまでメディアで語られていなかったり、まとめられていなかった話がゴロゴロと出てくる。

 どの記事が興味深いかは、人によって違うだろう。私の場合、最初に引きつけられたのは『信長から乙女ゲームまで… シブサワ・コウとその妻が語るコーエー立志伝 「世界初ばかりだとユーザーに怒られた(笑)」』という、コーエーの襟川夫妻の超ロングインタビューだった。どこを切り取っても面白く、ドラマ化して欲しいと思った。

 次に驚いたのは『【全文公開】伝説の漫画編集者マシリトはゲーム業界でも偉人だった! 鳥嶋和彦が語る「DQ」「FF」「クロノ・トリガー」誕生秘話』というインタビュー記事だ。「DQ」「FF」「クロノ・トリガー」その線を繋ぐ、出版業界の伝説の編集者。当時少年だった自分が体験したゲームの背景を知り、答え合わせをしているような気分になった。

 他にも個人的に記録している記事は多い。私のおすすめの記事は、この記事末にまとめておく。私自身、『レトロゲームファクトリー』という、レトロゲームの移植会社を舞台にした小説を新潮社から出している。また、インディーゲーム開発者として、Nintedo Switch 向けのゲームを一人で作っている。そのため同サイトの記事は、興味を持って読みふけってしまう。

1/4ページ

最終更新:7/24(水) 15:30
HARBOR BUSINESS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事