ここから本文です

“攻めてる”ドラマ出演の磯村勇斗「独特な役に挑戦できることは本当にありがたい」

7/24(水) 7:00配信

ザテレビジョン

原田泰造主演のサウナ好きによる、サウナ好きのためのサウナ伝道ドラマ「サ道」(テレビ東京ほか)で、“イケメン蒸し男(むしお)”を演じている磯村勇斗。今作は「コップのフチ子ちゃん」などで知られるタナカカツキの漫画が原作の一風変わった作品で、出演を打診された磯村は出演を熱望したという。

【写真を見る】サウナでの撮影に「一応、人様に見せられる裸にしておこうと思い…」と話す磯村

■ 「独特な役に挑戦できることは本当にありがたい」

――最初にお話を聞いたときの感想は?

斬新だなと思いました(笑)。“サウナの道=サ道”をドラマにするなんて、やっぱりテレビ東京さんは攻めてますよね? お話をいただいてうれしかったですし、やりたいですとすぐ言いました!

――今年の4月クールでは、同じテレビ東京の「きのう何食べた?」でジルベールを演じていましたが、ガラリと役のイメージがチェンジ。連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)の好青年や「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の不良役など、いろんな役柄を演じられてますね?

ありがたいことです。1つのイメージに捉われるよりもいろんな顔を持てる方が俳優として大事だと思うので、ジルベールや蒸し男など独特な役に挑戦できることは本当にありがたいなと思います。

――今回演じるイケメン蒸し男はどんな人物ですか?

スマートなタイプで、経験よりも知識が豊富な男。経験は原田さん演じるフリーランスのクリエイターのナカタさんや、三宅弘城さん演じる営業マンの偶然さんのほうが豊富。原田さんと三宅さんは本当にサウナ経験が豊富なので、待ち時間にバスローブ姿でオススメのスポットを教わったりしてました。

■ 「ずっと“ととのい”ながら撮影していた感じ(笑)」

――撮影中はほとんど裸だったのでしょうか?

裸でしたね(笑)。一応、人様に見せられる裸にしておこうと思い、トレーニングはしましたが、肉体をお見せするのが目的のドラマではないので、鍛えるのはそれなりに(笑)。

――現場はどんな雰囲気でしたか?

原田さんと三宅さんと3人で、ずっと“ととのい”ながら撮影していた感じでした(笑)。たぶんスタッフさんも“ととのって”いたんじゃないかと思うんですよね。すごくゆったりした時間が流れていたので。

――とても穏やかな現場だったんですね。

はい。それから、3人の会話の内容や掛け合いが面白いので、笑いでNGになることが結構ありました。ただ、三宅さんは笑わないんですよ! 三宅さんはカットが掛かってから笑うんです。でも、原田さんと僕はダメで、原田さんに「お互いゲラだよね?」と言われたんですけど、ツボに入ると目が合うだけで笑ってしまいました(笑)。

――ところで“ととのう”は今作のキモですが、どんな状態を指すのでしょうか?

“サウナ→水風呂→休憩”という第1話で紹介したサウナの入り方を繰り返すと、血中の酸素が脳にたくさん送り込まれて、一種のトランス状態のような多幸感を味わうことができるんです。

一度“ととのう”を味わうと、もうあれ以上のものはないと思えてしまうほど気持ちがいいんです。この作品でサウナにハマり、今では2~3日に一度は行かないとダメになってしまいました(笑)。

――どんなタイミングで行かれるんですか?

自分の中から信号が来るんですよ。「サウナ行けよ」みたいにピコンピコンって。作品終わりに役を抜くときにも適していると思いますし、撮影の間でも行きます。今日は思い悩んだな~とか、うまく行かなかったなーというときに。お芝居って正解がないので、監督がOKを出してくれても、自分の中でもっとこういう目線があったなとか、もっとこうできたなと反省するときがあるんですよね。

僕はどちらかというとポジティブ派で、翌日にはすぐ切り替えられるんですけど、監督からいただいたアドバイスにうまく応えられなかったなーって自分を追い詰めてしまうときがあるので、そういうときは行くようにしています。

■ 「ナカタさんは“幸せさん”かな?(笑)」

――そういうとき、サウナにハマる前はどうしていたんですか?

寝たり、お酒飲んだり、誰かに話したり、解消法はいくつかあったんですけど、サウナに出合ってからは自分でメンタルをだいぶコントロールできるようになりました。

――お決まりのルーティーンや飲み物は?

まずシャワーを浴びて、体を洗い、しっかり拭きます。その後、サウナ、水風呂、ベンチで休憩しながら“ととのう”を約20分の1セットにして、これを基本3セット。そして最後に“オロポ”を飲むんです。スポーツドリンクと栄養ドリンクを半々で配合したものが、“サウナー”の中ではやっているんですよ(笑)。ととのった後にオロポが気持ちいいんです。

――ドラマを見ているとサウナに行きたくなりそうですね。

なると思います。それにサウナって、本当に体にいいんですよ。メンタルも整うし、肉体の疲れも取ってくれる。デトックスしてくれて肌もツルツルになるから美容にもすごくいいので、女性にもオススメ。もうドラマの話か、サウナの話か分からなくなってきましたけど、本当にオススメなのでぜひ見てください!

――最後に、今作で磯村さんが演じる役には名前がなく、“イケメン蒸し男”というあだ名だけですが、原田さん演じるナカタに磯村さんがあだ名を付けるなら?

何でしょう!? 原田さんはいつもニコニコしてらっしゃっていて、ナカタさんはいつもととのって幸せそうなので、“幸せさん”かな?(笑)。

――ドラマを象徴するようなあだ名ですね(笑)。

はい。本当に見ているだけで幸せになれるドラマだと思います! “ととのう”ブーム来ないかな~(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=及川静)

最終更新:7/25(木) 16:06
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事