ここから本文です

野村克也が語る「運の正体」

7/25(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

よく食べ、よく寝て夏バテせず稼ぐ

南海での現役時代の筆者。努力なしに運は巡ってこないと考え、野球に打ち込んだ/写真=BBM

 私は暑いのが苦手だ。

 今でこそどこへ行っても冷房が効いているが、私たちのころはせいぜい扇風機で、生ぬるい風をかき回すだけ。冬は寒ければ重ね着をすれば済む。しかし、夏は脱いでも、脱いでも、暑い。現役時代は夏がイヤで仕方なかった。

 とはいえ、選手としては夏場に働いて稼がないと――夏に強くなければ成績は上がらないし、タイトルも手にすることができない。ピッチャーも、バッターも、総じて皆がへばってくる時期。それは言い替えれば、稼ぎ時なのだ。一緒にへばってはいられない。だから、夏はいつも以上に頑張った。

 当時の宿舎は今のようなホテルではなく皆、旅館である。特に博多の旅館は、いつも暑くて寝られなかった。当然、窓は全開。風を入れ、時には布団から転げ出て板の間に直接寝ることもあった。それでも寝苦しいときは、カップルで泊まるようなホテルに一人で出かけて泊まったものだ。初めは「一人でも入れてもらえるのかな?」「怪しいヤツだと思われてないかな?」と心配したが、杞憂だった。

 なんとか少しでも快適に寝る方法を、と思いながら、まだ給料の安かった時分。一流ホテルは、値段が高くて泊まれない。窮余の策である。ファンにでも見つかった日には、「野村は何をやっているんだ」と・・・ 本文:2,010文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:7/25(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る