ここから本文です

【山梨】夏の甲子園出場校ランキング

7/25(木) 10:28配信

週刊ベースボールONLINE

 7月24日、山梨学院が連覇で9回目となる夏の甲子園出場を決めた。

 1978年に各都道府県から1校ずつ出場できるようになるまで複数回の甲子園出場があったのは甲府一、甲府工、甲府商の3校。長野、静岡、埼玉など、代表を争う他県に押された時代が長かった。

【画像】鍛治舍監督率いる伝統校・県岐阜商“衝撃の新ユニフォーム”

 その後は東海大甲府が甲子園を席捲。85、2004、12年に4強入りするなど強打で白星を重ねた。特に80年代は7度の出場で計9勝を挙げるなど全国区の強豪としてアピール。89年には吉田が2勝を挙げて3回戦進出、91年には初出場の市川が8強に進んだ。

 90年代以降は東海大甲府に加え、その東海大甲府を1点差で破って今年の甲子園出場校となった山梨学院、新鋭の日本航空や、復活した甲府工を中心に、甲子園出場を争うようになった。

 公立の伝統校も07年の甲府商や13年の日川が甲子園で白星を挙げるなど健闘している。

【山梨 夏の甲子園出場回数ランキング】
1位 東海大甲府 13回 2015年

2位 山梨学院 9回 2019年

3位 甲府工 8回 2006年

4位 日本航空 5回 2008年

5位 日川 4回 2013年

6位 甲府商 3回 2007年
6位 吉田 3回 1989年
6位 甲府一 3回 1968年

9位 市川 2回 1994年

10位 塩山※1 1回 1976年
10位 峡南 1回 1972年
10位 巨摩 1回 1975年
10位 都留 1回 1952年
10位 谷村工※2 1回 1947年

※年度は直近出場年
「直近出場時のチーム名」※1塩山商 ※2谷村工商

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:7/25(木) 10:28
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事