ここから本文です

U12は鈴木琉斗(大阪)と堀川いち乃(京都)が単複2冠 [関西ジュニアテニス]

7/25(木) 12:03配信

テニスマガジンONLINE

 関西テニス協会が主催する「2019年度 関西ジュニアテニス選手権大会 兼 全日本ジュニアテニス選手権大会 関西予選」(大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/7月11~21日/ハードコート)が開催され、12歳以下の優勝者が出揃った。

2019年全日本ジュニア地区大会|PHOTOアルバム

 男子シングルス決勝は第1シードの鈴木琉斗(大阪/TCコ・ス・パ八尾南)が第2シードの永田瞬(大阪/tennis365.net)を8-4で、女子シングルス決勝は第1シードの堀川いち乃(京都/西の丘ローンTC)が第3シードの田崎菜々美(兵庫/ノアTA垂水)を8-5で下し、それぞれ優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は第1シードの永田/鈴木が第8シードの筏優介/永嶋煌(大阪:セントラルスポーツ都島TS/江坂テニスセンター)を9-7で、女子ダブルス決勝は第3シードの堀川/島袋華怜(京都/湯山泰次TS)が第4シードの小谷心結(兵庫/ノアTA垂水)/田崎を8-1で倒してタイトルを獲得。鈴木と堀川は単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

<上位の試合結果|12歳以下>

■男子シングルス決勝

○1鈴木琉斗(大阪/TCコ・ス・パ八尾南)[1] 8-4 ●64永田瞬(大阪/tennis365.net)[2]

■男子シングルス準決勝

○1鈴木琉斗(大阪/TCコ・ス・パ八尾南)[1] 8-6 ●17筏優介(大阪/セントラルスポーツ都島TS)[4]

○64永田瞬(大阪/tennis365.net)[2] 8-2 ●48永嶋煌(大阪/江坂テニスセンター)[3]

■男子シングルス準々決勝

○1鈴木琉斗(大阪/TCコ・ス・パ八尾南)[1] 6-2 6-0 ●9逸崎獅王(兵庫/テニスプラザ尼崎)[9]

○17筏優介(大阪/セントラルスポーツ都島TS)[4] 2-6 6-4 [10-5] ●32木崎琉士(大阪/鶴見緑地M.T.S)[6]

○48永嶋煌(大阪/江坂テニスセンター)[3] 6-2 6-0 ●39宮崎颯大(大阪/鶴見緑地M.T.S)

○64永田瞬(大阪/tennis365.net)[2] 6-0 6-0 ●49城野千尋(奈良/平群TA)[8]

■女子シングルス決勝

○1堀川いち乃(京都/西の丘ローンTC)[1] 8-5 ●48田崎菜々美(兵庫/ノアTA垂水)[3]

■女子シングルス準決勝

○1堀川いち乃(京都/西の丘ローンTC)[1] 8-3 ●17後藤七心(大阪/HOS小阪TC)[4]

○48田崎菜々美(兵庫/ノアTA垂水)[3] 8-3 ●56島袋華怜(京都/湯山泰次TS)[10]

■女子シングルス準々決勝

○1堀川いち乃(京都/西の丘ローンTC)[1] 6-0 6-1 ●14内海紗希(京都/パブリックテニス宝ヶ池)

○17後藤七心(大阪/HOS小阪TC)[4] 6-3 6-3 ●25江馬心美(京都/サン城陽TC)[9]

○48田崎菜々美(兵庫/ノアTA垂水)[3] 6-2 6-2 ●35石田実莉(兵庫/MSサウサリート)

○56島袋華怜(京都/湯山泰次TS)[10] 6-2 6-4 ●63春名美羽(大阪/江坂テニスセンター)

■男子ダブルス決勝

○1永田瞬/鈴木琉斗(大阪:tennis365.net/大阪/TCコ・ス・パ八尾南)[1] 9-7 ●17筏優介/永嶋煌(大阪:セントラルスポーツ都島TS/江坂テニスセンター)[8]

■男子ダブルス準決勝

○1永田瞬/鈴木琉斗(大阪:tennis365.net/大阪/TCコ・ス・パ八尾南)[1] 6-4 7-5 ●9額田賢和/篠田拳汰(京都:サン城陽TC/舞鶴グリーンTC)[4]

○17筏優介/永嶋煌(大阪:セントラルスポーツ都島TS/江坂テニスセンター)[8] 7-5 3-6 [10-8] ●32武井真樹/駒田瑛人(兵庫:A&F/ラボキッズジュニア)[2]

■女子ダブルス決勝

○9堀川いち乃/島袋華怜(京都:西の丘ローンTC/湯山泰次TS)[3] 8-1 ●24小谷心結/田崎菜々美(兵庫:ノアTA垂水)[4]

■女子ダブルス準決勝

○9堀川いち乃/島袋華怜(京都:西の丘ローンTC/湯山泰次TS)[3] 6-4 6-4 ●2荒川愛子/立花舞乃(兵庫:A&F/テニスプラザ尼崎)

○24小谷心結/田崎菜々美(兵庫:ノアTA垂水)[4] 7-6(3) 6-3 ●32江馬心美/巽日菜(京都:サン城陽TC)[2]

最終更新:7/25(木) 12:03
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事