ここから本文です

フィギュアお宝写真!11歳の小柄な宇野昌磨が残した大きな結果!当時は羽生結弦(14歳)らとの身長差も…

7/25(木) 8:00配信

ウォーカープラス

シーズン開幕まで待ちきれないフィギュアファンのために、ウォーカープラスが過去の“お宝写真”をお届け!今回お見せするのは、2009年、全日本フィギュアスケートジュニア選手権の宇野昌磨とその表彰式の写真。撮影したスポーツフォトグラファー、中村康一氏による、当時を振り返るコメントも併せてお楽しみください!

【写真を見る】宇野昌磨と羽生結弦&中村健人の身長差が…!

■ 全日本フィギュアスケートジュニア選手権の宇野昌磨(2009年)

ノービスB時代から活躍を見せ、大きな注目を集めていた宇野昌磨だが、全日本ジュニアに推薦出場できるのはノービスAから。2009年、宇野はノービス推薦選手として晴れて初の全日本ジュニアに出場することができた。ただ当時はノービス選手の中でも背が低い方で、先輩たちと混じるとまるで大人と子ども。長身で知られた中村健人とは公式練習の際には、あわや衝突のハプニングがあったほどだった。二人の身長差が大きく、中村の目線からは足元を滑る宇野が見えなかったのだ。

■ 全日本フィギュアスケートジュニア選手権の男子表彰式(2009年)

しかし宇野は体格のハンデをものともせず、ノービス推薦選手として初出場にも関わらず3位入賞。優勝した羽生結弦と準優勝の中村は当時から長身で、表彰式の写真を見ると、とてもこの3人が同じカテゴリーで戦ったとは思えない。しかしたとえ背は低くとも、宇野の演技は先輩方に一歩も引かない堂々としたものだった。

(東海ウォーカー・中村康一(Image Works))

最終更新:7/25(木) 8:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい