ここから本文です

V・ファーレン長崎が抱く夢の続き 進む2つのビッグプロジェクトの今

7/25(木) 15:31配信 有料

フットボールチャンネル

総事業費500億円超は全額ジャパネット負担

今季トップチームはJ2から出直しとなるが1年でJ1へ戻るべく、リオ五輪代表監督も務めた手倉森誠氏が新監督に招聘された。【写真:藤原裕久】

 ジャパネットにより完全子会社化されたV・ファーレン長崎がこの2年、猛進中だ。昨年は初となるJ1の舞台で健闘しながら1年でのJ2降格を余儀なくされたが、リオ五輪代表監督の手倉森誠氏を新監督に据えてJ1返り咲きを狙う。一方で、クラブが昨年中に発表した長崎中を巻き込む巨大プロジェクトの進行はまるで陰りが見えない。長崎に夢を与える2つの巨大プロジェクトの全体像とは何か。進捗と課題についてレポートする。(文:藤原裕久 2019年2月発売『フットボール批評23』を転載) 本文:3,112文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/25(木) 15:31
フットボールチャンネル

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る