ここから本文です

76歳のファッションデザイナー鳥居ユキが語る 年齢を重ねても若々しくおしゃれを楽しみ続ける秘訣

7/25(木) 6:00配信

Book Bang

昨年秋に発売された『YUKI TORII TOTAL COORDINATE BOOK』。ファッションブランド「ユキ トリヰ」のデザイナーである鳥居ユキさんによる、かつてないスタイルブックとして話題を集めている。年齢を重ねても自分らしく若々しくおしゃれを楽しみ続けるための秘訣を伺った。

 ***

 1962年にファッションデザイナーとしてデビューして以来、60年近くにわたってパリと東京でコレクションを発表し続けてきた鳥居ユキさん。『YUKI TORII TOTAL COORDINATE BOOK』の発売後は、服づくりとはまた違った手応えを感じているという。

「毎日のコーディネートの参考にしてくださったり、ギフトとしてお友達やお母さまへ、中にはご主人から奥さまに贈ってくださったり……嬉しい反響をたくさんいただいています。書店で見かけて手に取ったという40代の女性が“あまりに素敵だったので”と、ブティックにいらして色々とお買い上げくださったり、80代のお客さまが“この本を読んでおしゃれが楽しくなった”とおっしゃってくださったり、読者の年齢も想像以上に幅広いですね」

 この本ではプロのモデルを使わず、鳥居さん自身がモデルとなって多数のコーディネートを披露している。

「毎年2回新作を発表しているショーの時も、“モデルさんが着るから素敵だけれど私に似合うかしら……”とおっしゃるお客さまが時々いるんです。どんな服も、ご本人が“好き”と思ってお召しになるのが一番似合うし、同じ服でも着る方によって違ったイメージになる。今回はそんな一例として、私自身が着ることでリアルに身近に感じていただければと思いました」

 実は鳥居さん、この本の制作が始まるずっと前から毎日のコーディネートを写真に収め、撮りためてきた。

「そもそもはシーズンごとに発表している新作を、どうコーディネートしてお客さまに提案するかをスタッフに伝えるために撮り始めたんです。それが、自分自身のコーディネートの記録、日記のようなものになっていって……。毎日のコーディネートを撮ってファイルしておくと“去年の今頃は何を着ていたかしら?”“前回あの方とお会いした時は何を着ていたかしら?”と確認するいい資料にもなるんですよ」

 インスタグラムなどSNSの発達で大人世代にも“自撮り”“セルフィー”が広まりつつあるが、特に発信しなくても自身のワードローブの整理や記録のために、毎日のコーディネートを撮影し残しておくことは、ぜひ真似をしたいアイディアだ。

「もちろん『YUKI TORII TOTAL COORDINATE BOOK』のために、新たに撮り下ろした写真も沢山掲載しています。夏の一番暑い時にコートを着て撮影したり、大変ではありましたが、楽しい時間でした」

1/3ページ

最終更新:7/25(木) 14:57
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事