ここから本文です

FRBが政策金利を引き下げるとの見方が強まる ドルの信認は維持されるか

7/26(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2019年8月3日号> FRB(米連邦準備制度理事会)が、近日中に政策金利の引き下げに踏み切るとの見方が強まっている。6月に開かれたFOMC(米連邦公開市場委員会)の議事録では、多くの出席者が「最近の動向が経済の重しとなり続けるのであれば、近く金融緩和が正当化されることになる」との認識を示した。ある意味、利下げは既定路線といえる。 本文:1,376文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

木内 登英 :野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト

最終更新:7/26(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る