ここから本文です

高校6冠の兄を「超えていきたい」 16歳の天才・堤麗斗が駆け上がる最強への道

7/27(土) 10:00配信

THE ANSWER

憧れの存在は兄だが「兄貴が獲れなかったタイトルを獲りたい」

 環境が人を成長させた。憧れのボクサーに名を挙げるのは、井上尚弥と兄・駿斗。「本当に憧れている。一番身近な存在ですが、一番尊敬しています」。普段は何でも話せる親友のようだと言うが、ボクサーとしては「半分はライバルです」。

 弟から見る兄の凄さについては「一番は前の手のジャブ。モーションがないから、いつくるかわからない」とリスペクトを示しつつ、兄に負けないところを聞くと「絶対に負けたくない強い気持ちです。似ている部分もあるが、自分とは得意な分野が違う。自分の一番の武器は踏み込み。そこの部分は負けてないと思います」。さらには「兄貴が獲っていないタイトルは全部獲りたいです」と負けん気の強さをのぞかせる。

「兄貴は一度もボクシングについて教えてくれたことはないんです」と笑いつつも、兄の背中から盗んできた。「兄を超えるために? 兄貴は海外の試合にも出て経験もしている。自分はまだ3回だけ。そこの経験はもっと必要かなと思っています」と冷静に足元を見つめている。

 兄・駿斗のことも良く知る、関茂監督も両者を比較して甲乙つけがたいという。

「ジャブでリズムを作っていくスタイルは兄弟似ています。兄はスピード、コンビネーションでガンガン行く。麗斗は前の手(ジャブ)でリズムを作って、体、パワーでじわじわ押していく堅実なボクシング。被弾しないボクシングです。兄のほうは一瞬パンチをもらったりもする、そのあと倍にして返していく。麗斗は被弾しない。じっくりと見極める。行くと決めたらいきます」

 オーソドックススタイルの兄とは対照的に、弟はサウスポー。スタイルの違いもあり、普段兄弟を比較することはないと語る指揮官だが、特別にこう話してくれた。

「ディフェンスの部分。麗斗は押され負けしない。そういった部分は兄が今の学年(高校2年)の時よりも上回っている。スピード、コンビネーションは兄のほうが上かなと思います」

2/3ページ

最終更新:8/15(木) 17:46
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事