ここから本文です

「長く活躍できると保証する」 グアルディオラ監督、横浜FM戦で称賛した新戦力は?

7/28(日) 9:20配信

Football ZONE web

攻守両面で効果的な働きを見せた23歳ロドリに賛辞「インクレディブルだった」

 マンチェスター・シティは27日に日産スタジアムで横浜F・マリノスと対戦し、3-1で勝利を収めた。ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが1ゴール1アシストの活躍を見せ、日本のサッカーファンに改めてその実力を見せつけた一戦となったが、指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督は新戦力のスペイン代表MFロドリを名指しして「インクレディブルだった」と称賛した。その他の選手のパフォーマンスにも満足した様子を示している。

【動画】プレミア王者シティMFデ・ブライネ、横浜FM戦で披露した絶妙スルーパスの瞬間

 試合会場となった日産スタジアムはこの日、キックオフ前の午後7時の時点で気温27.7度、湿度は76%と蒸し暑い気象コンディションだった。プレシーズンツアーでの長距離移動も重なるシティの選手たちにとっては、非常に厳しい状況下での一戦となった。

 結果的にはデ・ブライネの先制ゴールを皮切りに、イングランド代表FWラヒーム・スターリング、途中出場のFWルーカス・ネメヒャが追加点を奪ったシティが3-1で勝利。昨年のロシア・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本代表を敗退に追い込むカウンターの起点になったデ・ブライネが、今回は日本のピッチで横浜FMイレブン相手にその実力を惜しげもなく披露した。

 横浜FMも非常に強度の高いプレーを繰り返して、シティを手こずらせたが、軍配はシティに上がった。

 試合後の記者会見では、グアルディオラ監督には選手個々のパフォーマンスについて質問が寄せられた。スペイン人指揮官は「ケビンはまたしても素晴らしい試合をした」とやはりデ・ブライネの貢献を真っ先に称えたが、それ以上に高い評価を与えたのが今夏の新戦力、ロドリだった。

「ロドリのプレーはインクレディブル(信じられないもの)だったよ。インクレディブルなホールディングMFで、ここで長く活躍できると保証するよ」

シウバ、スターリング、ストーンズ、ラポルテと主力選手に軒並み好評価

 今季シティはそれほど積極的な補強は行っていないが、ロドリはクラブ史上最高額の7000万ユーロ(約85億円)を支払ってアトレチコ・マドリードから引き抜いた期待の逸材だ。グアルディオラ監督がバルセロナ時代に指導したスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者とも目される選手で、この日も4-3-3システムの中盤アンカーで起用された。攻守両面で効果的な働きを見せた23歳に、指揮官は賛辞を送った。

 グアルディオラ監督はそれ以外にも「ベルナルド(・シウバ)も彼のいつものレベルに戻ってきた。スターリングも引き続き良いプレーをした。(ジョン・)ストーンズとアイメリク(・ラポルテ)も今日の試合ではものすごく良かった」と主力選手が軒並み期待に応える出来だったと好評価を与えている。

 アジアツアーの締め括りとなるこの一戦は「素晴らしいテストになった」とも話しており、8月4日に行われるリバプールとのコミュニティーシールドに向けても、実りある試合となったようだ。

石川 遼 / Ryo Ishikawa

最終更新:7/28(日) 10:17
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事