ここから本文です

損害賠償? C・ロナウド“欠場騒動”で韓国憤怒 「ロナウド詐欺」…2000人超集団訴訟へ

2019/7/29(月) 20:50配信

Football ZONE web

ロナウドが26日の韓国Kリーグ選抜戦を欠場、主催者を相手に集団訴訟へ発展か

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、26日の韓国Kリーグ選抜との一戦を欠場したことに端を発する騒動は、2000人超の集団損害賠償訴訟へと発展しそうな事態となっている。韓国紙「マネートゥデイ」などが「国内ファンの怒りが激しくなり、2000人超が試合主催者を相手に訴訟の意思を明らかにした」と報じた。

【動画】「嘘が露呈」「韓国ファンを馬鹿にしている」と非難殺到! 韓国で欠場のC・ロナウド、帰国後に投稿した“健康誇示”映像

 発端はユベントスのエースFWロナウドの欠場だった。今夏、ユベントスはアジア遠征を敢行し、今月21日にシンガポールでトットナム、同24日に中国でインテルと対戦。そして26日にKリーグ選抜(3-3)と激突したが、韓国ファンが目当てとしていたロナウドはベンチに座り続け、プレーせずに終わった。

 ユベントスの韓国入りが遅れ、キックオフ時間も1時間近く遅れるというハプニングもファンの怒りを増長させたが、何よりロナウドの振る舞いが批判の的となっている。ロナウドは試合を欠場したうえ、ファンとの公式行事に不参加、取材エリアを無言で通過。さらに帰国後、他の選手が韓国ファンへ感謝のメッセージを発信したなか、自身のインスタグラムで健康を誇示するような投稿して反感を買っている。

「ロナウド欠場訴訟…3日目で2000人が集まった」と報じたのは韓国紙「マネートゥデイ」だ。「国内ファンの怒りが激しくなり、2000人超が試合主催者を相手に訴訟の意思を明らかにした。法律事務所は27日から親善試合の主催社ザフェスタを相手にした損害賠償訴訟に参加する人を募集している」と記している。

韓国では「対国民詐欺ショー」の声…「ファンを愚弄し、欺瞞したのは事実だ」

 損害賠償の参加者募集から3日間で2000人が集まっており、記事では「ファンへのチケット返金などの具体的な補償措置がなければ損害賠償訴訟へと進む可能性もある。ユ・ヒョンビン弁護士は『損害賠償額は、現実的にチケット購入額の50%~70%』と明らかにした」と伝えた。

 韓国の総合ニュースサイト「news1」は「『ロナウド詐欺』『対国民詐欺ショー』という怒りの混じった表現まで出てくるほど、ユベントス戦の後遺症が続いている」と言及。さらに「ユベントスとロナウドがファンを愚弄し、欺瞞したのは事実だ。しかし、ビッグイベントの準備をした主催側ザフェスタと、代理店に大きなごちそうを任せた韓国プロサッカー連盟も決して責任から逃れられない」と糾弾の声を上げている。

 ロナウド欠場騒動の波紋は広がり続けており、いまだ収束の兆しが見えない状況だが、最終的に訴訟へと発展するのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/7/29(月) 21:01
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事