ここから本文です

巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ

7/30(火) 17:07配信

ニューズウィーク日本版

<複数男性に泥酔させられレイプされた15歳の少女を保護しなかったとしてクルーズ最大手「ロイヤル・カリビアン」は注意義務違反とされたが、船内での性的暴行は珍しいことではない>

フロリダ州マイアミを拠点とするクルーズ最大手の「ロイヤル・カリビアン」は、2015年に同社のクルーズ船で発生した少女に対する集団レイプ事件をめぐる控訴審で、逆転敗訴した。

フロリダの第11巡回区連邦控訴裁判所は7月24日、ロイヤル・カリビアン側に落ち度はなかったとする一審判決を覆す判決を下したのだ。

控訴裁判所は、船内で起きた性的暴行を知らなかったと白を切り通したロイヤル・カリビアンを非難。10代の被害者を適切に保護しなかったのは注意義務違反だと断じた。

ロイヤル・カリビアンのクルーズ船内では、このケース以外にも性的暴行が横行していた。それを知りながら、女性客への注意喚起など安全確保の措置を何も講じていなかったのだ。

未成年の被害女性が「アルコールを大量に飲まされ、暴行を受ける」ことになったのは、ロイヤル・カリビアンのそうした怠慢のせいだ、とした。

<乗組員は見て見ぬふり>

控訴裁判所は、訴訟の回復を指示したあと、文書で次のように述べている。

「原告の申し立てには十分な根拠がある。(被害女性)K.T.が動けなくなるほど大量のアルコールを男たちに飲まされ、客室へ連れて行かれるのを、ロイヤル・カリビアンの乗員は助けようともせず放置した」

被害女性K.T.は、15歳だった2015年12月26日に、クルーズ船「オアシス・オブ・ザ・シーズ」に乗船。姉妹2人ならびに祖父母とともに7日間のクルーズに出発した。

K.T.によれば、彼女が船内のバーに座っていると、男性に取り囲まれてアルコールを勧められた。「ひどく酔い、明らかに泥酔し、混乱して足元がふらついた」。そして、「動けなくなった」という。

その後、男たちは彼女を客室へと連れ込み、そこで「容赦なく襲いかかり、集団で性的暴行を加えた」。

K.T.は2016年、ロイヤル・カリビアンを訴えた。

一審のK・マイケル・ムーア裁判官は2017年8月、K.T.の訴えを退けた。そして、乗務員たちは彼女がアルコールを飲まされている様子を目撃したものの、それが性的暴行へとつながることは「予見できなかった」とするロイヤル・カリビアン側の主張を受け入れた。

K.T.は、一審判決を受けて控訴した。

訴状の中でK.T.は、自分が男性に取り囲まれ飲酒を強要されている場面を、複数の乗務員が見ていたと主張。「未成年がアルコールを飲まされていた」ことを、認識していたはずだと述べた。

あまり表に出ないが、クルーズ船でのレイプ被害は珍しいことではない。2016年~2019年4月までの間にアメリカ運輸省に報告されたデータによると、クルーズ船内で発生した性的暴行事件は220件に上っている。

(翻訳:ガリレオ)

カルヤン・クマル

最終更新:8/2(金) 20:16
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事