ここから本文です

中居正広、袋は全部保存で「庶民派と思われたらイヤ(笑)」

7/30(火) 16:01配信

SmartFLASH

 7月27日放送の『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)で、中居正広が意外なプライベート習慣を語った。

 リスナーから「買ったブランド品や服の紙袋って取っておく派ですか?」と質問され、中居は「大・中・小に分けて、しっかり取っておきます」と几帳面な性格ぶりを明かした。

 さらに、「コンビニの袋も全部取ってある」そうで、洗濯機の横にブランド品の空き箱を置き、その中に洗剤や柔軟剤を収納しているという。

 中居は「これで庶民派と思われたらイヤだな~」と苦笑。自宅の自分の定位置には、リモコン、綿棒、ペン、ノート、爪楊枝を入れたボックスがあり、その横に捨てられないFENDIの箱に電子タバコIQOS、サインペン、オロナインH軟膏を置いていることを照れながら話していた。

 また、別の質問でも中居の庶民感覚が浮き彫りに。

「トンカツを食べたいときに、友達や彼女がフレンチを食べたいと言ったら?」と聞かれ、「男友達にフレンチとかイタリアンを食べたいって言う人がいねえもん」と高級店を望むような男友達はいないという。

 だが、「彼女が『フレンチ食べたい』って言ったら、全然行くよ!」と返答。心の中では「焼き鳥食べたいな」と思っていても、そこは女性に合わせると語っていた。

 中居は7月20日放送の同番組では、1人で行くそば店でのやり取りも報告。

 中居とは気づかれていない店で、1200円の「天ぷらとざるそば」のセットをよく頼むという。だが、天ぷらのナス、かぼちゃは好きではなく、残してしまい、「申し訳ないです。残しちゃいました」と店員に謝った。

 その次に同店を訪れた際も同じ物を頼むが、気を使って「野菜は残してしまいますんで、エビだけで大丈夫です」と伝えた。

 すると、店員が野菜の天ぷらを抜いて、通常1本のエビ天を2本にしてくれた。会計時、恐縮しつつ1000円札と50円玉2枚と10円玉10枚で払うと、店員から「こちらの方が本当に助かります」と言われ、中居は心の中で「いい人~」と感謝したことを話していた。

 冠番組を複数持ちながら、おごらず気取らず、庶民感覚を忘れない中居。だからこそ人に優しく配慮した司会ができるようだ。

最終更新:7/30(火) 16:12
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事