ここから本文です

賀来賢人「歌で表現するのは難しかった」、門山葉子との『愛を感じて』最新クリップ解禁

7/30(火) 17:10配信

ザテレビジョン

賀来賢人と門山葉子が歌う、8月9日(金)公開「ライオン・キング」の楽曲「愛を感じて」の“プレミアム吹替版”最新クリップが解禁となった。

【写真を見る】プレミアム吹替版声優発表イベントに出席した賀来賢人ら

「愛を感じて」はエルトン・ジョンが作曲、ティム・ライスが作詞を務め、第67回アカデミー賞(R)歌曲賞および第52回ゴールデングローブ主題歌賞をW受賞し、名曲ぞろいの「ライオン・キング」の中でも代表的な曲。

今回の“超実写版”では、シンバ役ドナルド・グローヴァーとナラ役ビヨンセによってパワーアップしたデュエットが話題になった。

そんな名曲が本編で流れるのは、王となる使命を見失い、悩みながら新たな道を探し求める王子シンバが、離れ離れになっていた幼なじみのナラとの再会を果たすという重要なシーン。

シンバとナラが、ぎこちないながらもお互いの愛を感じ取り、距離を縮めていく様子を、“超実写版“ならではの描写でドラマチックに盛り上げる。

吹替版クリップでは賀来と門山が息の合った歌声を披露。賀来がシンバの心の葛藤を繊細に表現し、門山の美しく芯のある歌声が重なった“プレミアム吹替版”ならではの「愛を感じて」。日本語の歌詞がより物語に深みを与え、新たな魅力を引き出している。

今回、吹替に初挑戦した賀来は「シンバとナラの愛の表現が本当にすてきでした。ただきれいに歌えばいいということでもなくて、その中にもドラマがあるので、迷いや心の葛藤を歌で表現するのはとても難しかった」とアフレコ時の様子を明かし、「日本語版の“愛を感じて”ができれば。(門山さんとのオリジナルの曲で)すてきになっていると思います」と思いを語った。(ザテレビジョン)

最終更新:7/30(火) 17:10
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事