ここから本文です

C・ロナウド、韓国欠場騒動でクラブ関係者が新証言 「出場要請をロナウドが拒否した」

7/30(火) 17:50配信

Football ZONE web

26日のKリーグ選抜戦でロナウドが出場せず、クラブ関係者のコメントを韓国紹介

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、26日のKリーグ選抜戦でベンチに座ったまま出場せずに終わり、韓国で批判が噴出している。そんななか「ファンのために少しでも出場してくれという要請をロナウドが拒否した」というユベントス関係者の新証言を韓国放送局「SBS」が報じている。

【動画】「嘘が露呈」「韓国ファンを馬鹿にしている」と非難殺到! 韓国で欠場のC・ロナウド、帰国後に投稿した“健康誇示”映像

 新シーズンに向けてユベントスはアジアツアーを敢行し、今月21日にシンガポールでトットナム、同24日に中国でインテルと対戦。そうして最終地として向かったのが韓国だった。ところがチームの韓国入りが遅れ、急遽キックオフ時間も1時間後ろ倒しになるハプニングが発生。そうしたなかで26日にKリーグ選抜とプレシーズンマッチを行った。

 ただでさえ韓国ファンの不満が溜まっているなか、エースのロナウドは筋肉疲労のためベンチスタートとなり、最後まで出場せずに終了。試合前に予定されていたサイン会も欠席しており、会場に訪れた6万人の怒りは一層膨らんだ。試合後も取材も受け付けずに会場を後にしており、ロナウドに対して批判が集中していた。

 韓国テレビ局「MBC」は「ロナウド騒動に関連し、ユベントスと主催者間の契約の一部をMBCが単独入手した」と報じ、「ロナウド45分出場規定は事実と確認された」と報道。主催者側とユベントスの間でロナウドが少なくとも45分間は出場する契約があったとしている。

 それでもロナウドは最後までピッチに立たなかった。そのなかでユベントス関係者の証言を紹介したのが韓国放送局「SBS」だ。「ファンのために少しでも出場してくれという要請をロナウドが拒否した」とクラブ関係者は語っており、「帰る飛行機の中で、なぜ出場しなかったのか尋ねたが、ロナウドは答えなかった」と明かしたという。

 韓国では訴訟に向けた動きが起きており、事態は収束するどころか、むしろ拡大している。ユベントス関係者は韓国を再び訪れて謝罪するとしているが、どのような決着を見ることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/30(火) 22:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい