ここから本文です

フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃんが生まれた謎

7/31(水) 18:50配信

ニューズウィーク日本版

フランスで何が?

<昨年秋に放送されたテレビ番組をきっかけに、フランスで動揺が広まっている。2000年以降、先天性横軸形成障害の子供が生まれた原因は解明されていないが、疑わしいのは......>

動画:2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

2000年以降、フランスの3つの地域に集中して、腕や手に先天異常がある赤ちゃんが生まれた。この事態が昨年末から仏メディアで報じられ、国民に動揺が広がっている。

これらの先天異常が確認された3地方は、いずれも農村地域だ。仏東部、スイス国境のエン県では2000年~2014年にかけて、18件の先天性横軸形成障害が確認された。一方で、フランス北部、ブルターニュ地方のモルビハン県でも2011年~2013年にかけて4件、ロワール=アトランティック県のムゼイユ市でも2007年~2008年にかけて3人の新生児が腕や手の先天異常を持って生まれたことが報告されている。

先天性横軸形成障害とは、上腕もしくは前腕から末梢が欠損している先天性疾患で、フランスでは新生児1万人に対し1.7人の割合で生まれると推定されている。

原因は遺伝性、催奇形作用のある薬の使用、コカインの使用、または環境要因などがあげられる。

この事実がフランス国内で大きく取り上げられるようになったきっかけが、昨年秋に放送された、フランスの国営テレビ「フランス2」の番組だ。同番組では、ローヌ・アルプ先天性奇形登録機関(REMERA)の調査報告書によって明らかになった、エン県での腕や手に先天異常がある赤ちゃんが生まれた症例を紹介した。

一方で、REMERAは連帯・保健省管轄下の仏公衆衛生当局にこの調査報告書を送ったが、返信が来たのは2年後、その後もすぐに当局が行動を起こすことはなかったという。このエン県での症例がメディアで報道をされてから、昨年末にようやく政府が全国規模の調査を開始した。

その後、医療・科学分野の専門家も加わったこの調査の結果が今年7月に発表されたが、原因究明には至らず、活動家や保護者から「表面的な調査」だと批判の声が上がった。

1/2ページ

最終更新:7/31(水) 21:06
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・20号
8/ 6発売

460円(税込)

【特集】パックンのお笑い国際情勢入門
世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事