ここから本文です

道枝駿佑「いろんな感情が入り混じっています」なにわ男子が24時間テレビをサポート!

7/31(水) 10:59配信

ザテレビジョン

なにわ男子(関西ジャニーズJr.)が、8月24日(土)、25日(日)に放送される「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(日本テレビ系)にytvテレビスペシャルサポーターとして出演する。

【写真を見る】西畑大吾は「チャリTシャツを着られてるのがすごく幸せなこと」という

西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也の7人からなるなにわ男子は、スペシャルサポーターとして番組テーマである「人と人~ともに新たな時代へ~」を、関西から視聴者に届けていく。

これに先立ち、7月30日に大阪・読売テレビ新社屋で「なにわ男子ytvスペシャルサポーター就任取材会」が行われた。「失礼します!」と元気いっぱいに姿を現した7人は、それぞれ「24時間テレビ42一」に対する意気込みを語った。

■ 西畑大吾「ドッキリかと思った」

まずは西畑がスペシャルサポーターに就任した感想を「最初聞いた時は、ドッキリかと思いました」と振り返った。

「24時間テレビ42―」のメインパーソナリティーを務める先輩・嵐を引き合いに出し「東京ではメインパーソナリティーに嵐さんが就任されて、『大阪はなにわ男子がスペシャルサポーター!? ない、ない!』と思っていたけど、話が進むにつれて本当に大きな仕事をいただけたのだな、と感じています。恐れ多いですが、これほど光栄なことはないです」と恐縮。

しかし、「メインは東京かもしれないけれど、『僕たちがメインだ!』くらいの気持ちで大阪から『24時間テレビ』を盛り上げていけたらな、と思っています」とうれしさを爆発させた。

道枝は「小さい頃からテレビで見ていた1年に一度の大きいイベントなので、初めて聞いた時は驚きましたし、それと同時にうれしさも感じて、『これはがんばらないといけないな』と思いました」と表情を引き締め、就任決定を聞いてからこの日までの気持ちを「ワクワク、ソワソワしました。いろんな感情が入り混じっています。どうなるかという不安もあるし、楽しみというドキドキもあります」と笑顔で語った。

スペシャルサポーターとして頑張りたいことを尋ねられた際は、大西が「1年に一度のイベントですし、しかも今回、読売テレビが新社屋になってから初めての『24時間テレビ』になるので、そこで僕たちがこうしてスペシャルサポーターをやらせてもらえるのをすごく光栄に思っています。新社屋になったからこそもっと新しい風を、ということで、フレッシュさを全面に出して、募金活動であったり、いろんなことに参加していけたらなと思います」と意気込んだ。

大橋は「ジャニーさんは『幸せや楽しさを届けたい』ということを仰っていて、やはり『24時間テレビ』のスペシャルサポーターに就かせてもらったからこそ、見てくださる皆さんに幸せと楽しさを届けたいなと思っています」と語った。

■ この7人が出会えたことが奇跡

また、今回のテーマ「人と人~ともに新たな時代へ~」にちなんで、最近の「人と人」に関するエピソードを披露する一幕も。

長尾は「グループのこの7人です。世界にこんなにいろんな人がいるのに、この7人に出会えたことが奇跡です。それこそ、『24時間テレビ』や、今日の会見で皆さんに会えたのもご縁や奇跡、運命だと思うので、それを大切にしていきたいなと思います。会場に訪れた方々との出会いも大切にしたいです」と堂々と答えた。

藤原は「いま、言おうとしたことと(長尾のコメントが)まったく一緒でびっくりしました(笑)」と答えて記者陣を笑わせつつ、「なにわ男子7人がこうしてそろうのはジャニーさんのおかげですし、僕が最年長23歳で長尾が最年少の16歳。もう、いろいろテンションが違うんです」と年齢差によるギャップを告白。

「今朝も集合して、長尾のひと言目なんですが、たくさん人がいるのを見て『うわー、真っ昼間からプロジェクションマッピングを見に来てるんかなぁ』って(笑)。プロジェクションマッピングは夜やのに! そのくらいみんな、たくさんのカラーがあるんです」と個性豊かな顔ぶれをアピール。

最後に「『人と人』ということで、僕らは大阪でしっかり視聴者の皆さんになにわ男子を知っていただいて、羽ばたけるようにしたいです」と語った。

■ 最高の演技ができた

「24時間テレビ42 ドラマスペシャル 絆のペダル」(8月24日夜9:00頃放送予定)にて、相葉雅紀演じる主人公・宮澤崇史の中高生時代役として出演する高橋は、「初めて聞いた時は家のトイレにいて、思わずバッて飛んじゃったんですけど、うれし過ぎてその日は一日中起きてました」と弾けるような笑顔に。

撮影中はとても緊張したことも明かし、「共演者の皆さんや監督さんがすごく優しくて、いい空間、いいムードのなかでドラマに挑戦させてもらえました。自分ができる最高の演技はできたのではないかと思います」と満足そう。

演じる役については「真面目で人に好かれる、周りに人が寄ってくるようなとにかく明るい子。プライベートの僕とはまったく違う子の役をやらせてもらえました。難しかったですが、監督さんからアドバイスもいただき、いい感じになったのかなと思います。僕の演技を見ていただくことで僕なりの愛が届いて、地球を救えたらと思います」と自信をのぞかせた。

また、「ひとりの少年がロードバイクにすべてをかける、一所懸命やるという姿に、演技させてもらう中でもグッと来ました」と感想を。

相葉とは「撮影中にはお会いできなかったんですが、スタイリストさんから『(相葉くんが)会いたいなって言ってたよ』と聞いて、うれしかったです」と笑顔を見せた。

最後にグループを代表して西畑が「意気込みは一つ。大阪を盛り上げ、嵐さんに負けない!というのが大阪から僕たちが発信すること」と気合を入れ、「なにわ男子がスペシャルサポーターとして参加することで、チャリティーに関心のない若い人にもっともっと関心を持ってもらえるのではないかと思うので、若い世代を盛り上げていきたいなと思っています」と頼もしく語った。

■ 若い風を大阪から

質疑応答では、「『嵐さんに負けない!』というところは?」との質問に、西畑は「嵐さんは24時間ずっと出演されるけど、僕たちは休憩とかもありますので(笑)。」と笑わせつつ、「若さ、活気は負けたくないな、と思います。若さ、フレッシュさを大阪から発信したい。若い風を大阪から吹かせたいです」と意気込む一方で、「『嵐さんに負けない!』と言いましたが、嵐さんは大先輩ですから、これは…記者の方向けでございます」とリップサービスだったことを明かしてメンバーは爆笑。

テーマ「人と人」にちなんで、人の優しさや温かさに触れたエピソードも。

長尾は「昨日、丈くん(藤原)にアイスをおごってもらいました」と明かし、藤原は「関ジャニ∞さんのライブを見に行かせていただいた時に、先輩方がトロッコからJr.の僕らに手を振って『頑張れ!』と言ってくださったこと。関ジャニ∞さん、ジャニーズWESTさん、僕らJr.と、関西は縦のつながりがとても強くて、先輩方の優しさが伝わりました」と明かした。

道枝は「電車に乗っていた時におばあちゃんが乗っていて、席を譲るタイミングが分からなくて難しかったんですが、降りる駅が来る前に席を早めに立ったら、おばあちゃんが『席を譲ってくれてありがとうね』とお礼を言ってくださって。心がポッと温かくなりました」と心温まるエピソードを。

西畑は「さっき、『嵐さんに負けない!』と言っちゃったので嵐さんの話を…」とし、「先日、東京であったジャニーさんの家族葬の後、(嵐の)二宮くんが『今日大阪に帰るの?』と連絡をくださったんです。食事のお誘いかな、と思ったのですが、その翌日に大阪で早朝の仕事があったので『今日は帰らないといけないんです』と伝えると『気をつけて帰ってね』と。こんな大先輩が、僕みたいないちJr.のことを思ってそんな言葉をかけてくれるなんて、本当に温かいし優しいなと思いました」と憧れの先輩とのエピソードを披露した。

大西は「温かいなと思うのは、家族です」と明かし「今日も『会見がある』と言ったら朝早くに起きて朝ごはん作ってくれたり、学校がある時は5時起きで朝ごはんやお弁当を作って、駅まで車で送り迎えもしてくれます」と両親へ感謝の気持ちを。

また、「地元の方ともあいさつは必ずするし、『テレビ見たよ』と言ってくださったり。僕が住んでいるところが田舎だから、近所の方との交流や温かみを感じやすいのかなと思います」と明かした。

「24時間テレビ」にまつわる思い出を尋ねられた際は、長尾は「いつもオールというか、起きて全部見ようと思うのに、深夜2時くらいになると寝てしまうのが毎回の思い出です」とのこと。

藤原は「昨日、スーパーのレジの横に黄色の募金箱を見つけて、『あ、24時間テレビや。しかも今回は見る側ではなく出る側。僕らステップアップしてんねんな』と感じました」とにっこり。

西畑は「僕が小さい頃から『24時間テレビ』はジャニーズの方がパーソナリティーをしているので、このチャリTシャツを着られてるのがすごく幸せなこと。小銭があったら募金しようとか、チャリティーの精神を『24時間テレビ』から教えていただきました」と改めて感激を噛み締めた。

最後に西畑は、「2020年の東京オリンピックに向けて東京が盛り上がると思うんですが、2025年には大阪・関西万博があります。僕らも関西を盛り上げていきたいですし、若い世代の僕らが、東京オリンピックがかすむくらい、大阪・関西万博を広めていきたい。僕らはそこを目指して頑張っているので、それに向けてのアプローチもできたらいいなと感じています」と締めくくった。

(ザテレビジョン)

最終更新:7/31(水) 10:59
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事