ここから本文です

アパレル業界で最強ファイバーをめぐる虫バトル勃発

7/31(水) 14:30配信 有料

WWD JAPAN.com

関山和秀スパイバー取締役兼代表執行役(左)と「クモノス」、興和と農研機構が開発したミノムシ糸

 “地球最強のファイバー”の称号をめぐる、虫たちの熱いバトルが勃発している。これまで自然界最強ファイバーの名をほしいままにしてきたクモの糸に、繊維商社が祖業で「キューピーコーワゴールド」で知られる興和と文部科学省管轄の研究機関、農業・食品産業技術総合研究機構(以下、農研機構)が「ミノムシの糸が、タフネスなどのあらゆる面でクモの糸を上回っていることを発見した」と待ったをかけたのだ。(この記事はWWDジャパンvol.2073からの抜粋です) 本文:2,090文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:7/31(水) 14:30
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

もっと見る