ここから本文です

本格的なものづくりが体験できる、「FabCafe Tokyo」を訪ねてみた

7/31(水) 9:52配信

日経doors

美しいデザインや、創造性あふれるものに囲まれると、思考の幅が広がるような気持ちになりませんか。今回はデザイン心が刺激されるお店を紹介します。ふっと息を抜きたいとき、心の創作のドアを開けたいとき、こんな場所がきっとあなたの役に立つでしょう。

【関連画像】あらかじめ用意された木のプレートと革のベルト。完成品サンプルもあるので出来上がりイメージが湧く

 渋谷・道玄坂上にある「FabCafe Tokyo」では、カフェとして飲食の利用はもちろん、店内に設置されたレーザーカッターや、3Dプリンターなどを使って、ものづくり体験ができます。本来ならば、企業や大学にあるような本格的なレーザーカッターなどが、カフェの中に置かれているのです。英語の飛び交う店内の雰囲気は、世界7つの国と地域10拠点に展開するFabCafeならでは。

 ものづくり初心者はデザインに触れ、ものづくりのエッセンスを体験し、上級者は自分の作ったアートやデザインを形にできます。しかも、おいしいコーヒーを飲みながら……。

 というわけで、さっそく体験! 初心者でも気軽に楽しめる「Fab体験プラン」の中でも、もっとも短時間で、気軽にできそうな「Key charm」作りに挑戦してみます(事前予約制。空きがあれば予約なしも可)。

 なんと、こちら、1個800円で体験ができます(材料費込み。デザイン持ち込み&事前相談する場合はプラス1000円)。

●世界に一つだけのタグづくりに挑戦

 さて、何を作ろうか……。ちょうど愛犬の誕生日を迎えたばかりだったので、プレゼントとして「迷子札」を作ることに。愛犬の名前と、電話番号を入れれば、首輪に付けるネームタグにピッタリです。紙の上に、Myオリジナルメッセージを入れる瞬間に、テンションが上がります。

 スタッフによるマシン操作でカットが済めば、ベルトの革をつなげて完了ですが、今回は「自分で仕上げた」感を強く味わいたいため、仕上げの木づちトントン体験もさせていただきました。これでわずか20分ほど。デザインの時間を入れても30分以内でした。アッという間に出来上がり。すてきすぎる!

 仕上がったキーチャームに大満足。これ、わんこのプレゼントにせずに、自分のバッグのネームタグにしようかしら。お気に入りの言葉を刻印したキーチャームを持ち歩くと、前向きな日々が送れそう。

●マシンがなじむカフェでデザインを形に

 店内を見渡すと、次のお客さんが、持ち込んだデザイン(すごく大きなイラストです)を基に、レーザーカッターを使って粘土作品用の型を作っていました。店内のレーザーカッターを自身の作品作りに何度も役立てているそう。カフェを楽しみながら作品が出来上がるまでのひと時を過ごす。こんなことも、クリエーティブカフェだからこそできるというもの。

 店内には、フード専用レーザーカッターや、3Dスキャナー、ミシンなどもあり、使いこなすとどんな作品も自由自在。イベントも多数開催しているので、何か形にしたいデザインがあるという人は、ここで夢が実現できるかも……。

 カフェメニューにも注目です。人気は「マシュマロラテ」(600円、税抜)に「ジンジャーチャイラテ」(580円、同)。今の季節は、水出しコーヒー「コールドブリュ―」(550円、同)もぜひ。生産者も農場も単一の「シングルオリジン」の豆だけを使った味わいのあるコーヒーとともに、クリエーティブタイムを体験してはいかがでしょうか。

1/2ページ

最終更新:7/31(水) 9:52
日経doors

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事