ここから本文です

発言が猛批判浴びた張本氏、番組での釈明はあるのか

8/1(木) 8:35配信

JBpress

 落としどころが見えない。プロ野球界の大物OB・張本勲氏の問題発言についてだ。先月28日放送のTBS系情報番組「サンデーモーニング」に出演。大船渡高校(岩手)の「令和の怪物」こと163キロ右腕・佐々木朗希投手が夏の甲子園出場をかけた県大会決勝で登板を回避して花巻東に敗れたことに、番組内の「週刊御意見番」のコーナーで次のような持論を展開した。

2009年4月、マリナーズのイチローが、日米通算安打数を3085本として張本勲氏の持つ日本プロ野球通算最多安打記録に並んだ。写真は試合前にイチローと言葉を交わす張本勲氏(右)

 「最近のスポーツ界でね、私はこれが一番残念だったと思いますね。32歳の監督(大船渡・国保陽平監督)でね、若いから一番苦労したと思いますがね、絶対、投げさすべきなんですよ。前の日にね、129(球)投げてますからね。大体、(準決勝までの)予選で4回しか投げてないんですよ。合計で430、450(球)くらいしか投げてないのよ。昨年、吉田輝星(金足農)が800(球)くらい投げているんですよ、1人で」

 その後も張本氏の舌鋒は止まらず「監督と佐々木君のチームじゃないんだから」「ケガが怖かったら、スポーツは辞めたほうがいい。将来を考えたら投げさせた方がいいんですよ」「楽させちゃダメですよ、スポーツ選手は」などと声を張り上げた。

■ メチャクチャな「御意見」ばかりの張本氏を起用し続けるTBSにも問題が

 これら張本発言には批判が殺到。ネット上でもバッシングが向けられ、今も沈静化する気配は見られない。拍車をかけた背景にはシカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が「シェンロンが一つ願いこと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナーを消してくださいと言う」とツイートしたことに加え、野球界以外からサッカー日本代表のガラタサライ・DF長友佑都に「(張本氏の発言を報じた)記事が真実だとしたら非常に残念。苦境に立たせて大怪我をしたらマイナスでしかない。野球で生きていく選手なら尚更。監督は批判覚悟で選手の将来を守った英断。何度も言うが日程を選手ファーストで考えてほしい」とつぶやかれてしまった事実もある。

 常識的に考えて、さすがにこのままでは済まされないだろう。これだけ張本氏の指摘に否定的な意見が飛び交い、世の中をヒートアップさせているのだ。張本氏本人はもう一度公の場において、自らの発言で大きな騒動を巻き起こしてしまっている点について説明を果たす義務がある。

1/3ページ

最終更新:8/1(木) 8:45
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress Premiumは
日本の未来を創るビジネスリーダー
のための総合メディア
JBpressが提供する有料会員サービスです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事