ここから本文です

【奈良】夏の甲子園出場校ランキング

8/2(金) 15:35配信

週刊ベースボールONLINE

 7月29日、智弁学園が3年ぶり19回目の夏の甲子園出場を決めた。

 夏の甲子園に出場したのは全国最少タイの7校。しかも天理と智弁学園で全体の8割近くを占める。

【懐かしの写真】今も変わらない?“若大将”原辰徳の高校時代

 1959年に初出場した天理は同年に8強入りすると、70年代からは甲子園の常連となった。72年以降は、97年から6年連続で出場を逃した時以外、3年連続で代表を逃したことがない。優勝2度、4強が3度。70年代から2010年代までの5つの年代で、すべて8強以上まで勝ち上がっている。

 智弁学園は68年に初出場。80年代以降は順調に出場回数を重ねている。ただ、夏は4強と8強が1度ずつ。去年までの18度の出場で3回戦敗退が8度と上位への壁が厚い。

 両校以外では50~60年代に夏の甲子園に4度出場した御所実や、71年に4強、74年に8強入りした郡山が健闘している。

【奈良 夏の甲子園出場回数ランキング】
1位 天理 28回 2017年

2位 智弁学園 19回 2019年

3位 郡山 6回 2000年

4位 御所実※ 4回 1969年

5位 高田商 1回 1963年
5位 奈良大付 1回 2018年
5位 桜井 1回 2013年

※年度は直近出場年
「直近出場時のチーム名」※御所工

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:8/2(金) 17:17
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事