ここから本文です

クジラがアシカを「丸のみ」した衝撃写真、実情は? 専門家に聞いた

8/2(金) 7:10配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

過去には人間の例も

 野生動物写真家のチェイス・デッカー氏は、ホエールウォッチング中にザトウクジラがアシカをまるごと口にのみ込む衝撃的な場面に遭遇した。

ギャラリー:集団で「立ち寝」をする巨大クジラ

 デッカー氏はこのとき、サンクチュアリー・クルージーズが主催するホエールウォッチングのガイドを務めていた。観察していたのは3頭のザトウクジラで、体長15メートルほどの最も大きいクジラが口を開けたとき、偶然「オスのアシカが持ち上げられた」という。

「見た瞬間、これまでに撮影した中で最も貴重な写真の1つだと確信しました」とデッカー氏は話す。「最も美しい写真ではありませんし、最も芸術的な写真でもありませんが、おそらく二度と撮ることのできない1枚です」

 毎年夏になると、おなかをすかせたザトウクジラたちが米国カリフォルニア州のモントレー湾にやって来る。目当てはカタクチイワシの群れだ。しかし、カタクチイワシを狙うのはクジラだけではなく、さまざまな捕食者が激しいバトルを繰り広げる。

 ただし通常、捕食者たちは互いを避け、アシカはザトウクジラに道を開ける。ザトウクジラが餌を食べるときは、ランジフィーディング(突進採餌)といって、口を大きく開けて突進し、獲物を丸のみする。その後、水を吐き出し、くしのような形をしたクジラヒゲという器官で獲物をこして食べる。

「このパターンはベイトボールの周りで見られます」とデッカー氏は説明する。ベイトボールとは、球状になった小魚の群れだ。「まずクジラが潜り、たいてい、その直後にアシカが(動きます)。そして、アシカが浮上すると、通常、10~30秒後にクジラが続きます」

 結果的にアシカとクジラが近づくことは珍しくない。ときには接触することもあるが、今回のような事故はめったに起きない。

過去にはペリカンや人間のダイバーも

 デッカー氏の写真はカナダ、ブリティッシュコロンビア州にある海洋教育研究協会の生物学者で、ザトウクジラの摂食行動を研究しているクリスティー・マクミラン氏の関心を引いた。

「私たちは写真を見て驚きました」。マクミラン氏によれば、小さな海鳥が巻き込まれる事故は記録されているという。「クジラが海面で2度口を開け、とても幸運なウミガラスが泳いで脱出するのを同僚が見ています」。さらに、クジラがカモメを誤ってのみ込んだ後、吐き出す姿も何度か目撃されている。カモメが無事だったケースも命を落としたケースもあったそうだ。

 ペリカンからゼニガタアザラシ、人間のダイバーまで、大きな種が間一髪で逃れたケースもあるが、これらはすべて極めてまれな出来事だ。

「アシカの事故は見たことがありませんし、聞いたことすらありません」とマクミラン氏は話す。

 今回の事故が起きた原因を知る者はいないが、アシカが「のみ込まれた」という報告は衝撃的だ。実際には、今回はどちらも無事だった可能性が高い。

 ザトウクジラは立派な体に似合わず、オキアミなどのプランクトンのほか、イワシ、ニシン、サケの稚魚といった小さな魚をろ過摂食する。小さな獲物を好むということは、大きな動物をのみ込むのに適した体を持っていないということだ。安静時の喉の幅は人間の拳ほどしかない。食道は少し伸縮しても、直径30~40センチが限界だ。

 米アラスカ州のグレイシャー湾とアイシー海峡でクジラの排せつ物を採取、分析した研究は、鳥ですらめったにクジラの食道を通らないと示唆している。たとえ食道を通過しても、ほとんど消化されることはなく、「鳥の塊」になって排出されると、マクミラン氏は説明する。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事