ここから本文です

自動運転、カーシェア、バイクシェア、配車サービス、相乗り、世界のMaaS企業の最新カオスマップ

8/3(土) 11:41配信

@DIME

近年、移動手段のサービス化「MaaS(マース)」という考え方が拡大中。

自動車を個人所有せず共有するカーシェアやライドシェアといったシェアリングエコノミーは、世界では日本よりはるかに広まっている。

そこでMellowは、世界のMaaS事象の動向を独自調査で18業種135社掲載した「世界のMaaS企業 カオスマップ 2019年度版」を公開した。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

世界のMaaS企業カオスマップ  2019年度版


今回は、各カテゴリごとに注目度No.1の企業も一緒に紹介したい。

MaaS配車サービス
GRAB (グラブ)

資金調達:約9615億円(88億ドル)
バリュエーション:約1.53兆円(140億ドル)前年比27%超え
本社:シンガポール

シンガポールを拠点とするアジアのスーパーアプリ金融サービス、食品配達、小包配達、コンテンツおよびデジタル支払いなどの分野を拡大している。配車事業以外にも日常的に使える様々なサービスを展開。

MaaSバイクシェア
Hello TransTech

資金調達:約1967億円(18億ドル)
バリュエーション:約2513億円(23億ドル)
本社:中国

中国のアリババグループの金融関連会社アント・フィナンシャルが支援するプラットフォーム主導のシェアトラベルソリューションプロバイダーでバイクシェア・電動バイクシェアを中心に事業を展開。

MaaSカーシェア
Getaround(ゲットアラウンド)

資金調達:約484億円(約4.43億ドル)
バリュエーション:非公開(約874億円強予想)(8億ドル)
本社:アメリカ

カリフォルニア州サンフランシスコ発のカーシェアリングベンチャー、プラットホームを通じて自宅の車両を1時間単位よりレンタル可能なサービスを展開。

MaaSカープール(相乗り)
BlaBlaCar(ブラブラカー)

資金調達:約490億円(4.48億ドル)
バリュエーション:約1311億円(約12億ドル)(2018年データ)
本社:フランス

運転手を空席や乗客と接続して旅費を共有する長距離電車プラットフォーム。数多くあるカープールベンチャーの中でも、フランス(パリ)BlaBlaCarは唯一カープールの体験を個人の個性や要望に随時カスタマイズ可能なサービスだ。

MaaS自動運転
Cruise (クルーズ)

資金調達:約5791億円 (53億ドル)
バリュエーション:約2兆760億円(約190億ドル)
本社:アメリカ

GMクルーズはT. Rowe Price Associates、ホンダ、SoftBank Vision Fund、およびその親会社GMを含む投資家グループから新たに11億5000万ドルの新規株式を調達した企業。

MaaSシェアパーキング
SpotHero (スポットヒーロー)

資金調達:約738億円(約6.76億ドル)
バリュエーション:非公開
本社:アメリカ

2000万台以上の車が駐車しており、最大規模のコネクテッドパーキング施設がある駐車場予約プラットフォーム。

MaaS配達・配送・物流
Nuro (ニューロ)

資金調達:約1092億円強(約10億ドル強)
バリュエーション:約2950億円(約27億ドル)
本社:アメリカ

2016年にアメリカシリコンバレーでGoogleの元自動運転車チームのベテランが設立した自動運転配達のベンチャー。

MaaS飲食カテゴリ
Mellow

資金調達:非公開
バリュエーション:非公開
本社:日本

日本でスタートしたモビリティとスペースをマッチングするプラットフォームを運営する企業。

関連情報/https://www.mellow.jp/

構成/ino

@DIME

最終更新:8/3(土) 11:41
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事