ここから本文です

グリーンが再びトレンドカラーに!? リアーナやケンダル・ジェンナーらセレブたちもこぞって取り入れ中!

8/3(土) 22:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

“ミレニアムピンク”と“Z世代イエロー”の次に台頭するカラーは一体? その答えはグリーン! グリーンがアルファ世代を巻き込んで、今後一大トレンドになりそうな予感!?
2019年春夏シーズンでランウェイを制したカラーはグリーンだったのはご存知?プラダ(Prada)をはじめ、マーク ジェイコブス(Marc Jacobs)やバレンシアガ(Balenciaga)など多くのブランドが流行色として打ち出していた。

【写真】2019年春夏のモード界を制したカラー、グリーンのスタイル

トレンドに敏感なモード派セレブたちは早速ピスタチオやネオンなど、明るいトーンのグリーンをウエアやシューズに取り入れている!その着こなしを拝見してみよう。

リアーナ

タイダイ柄のシャツで流行をアピールした“無敵のディーバ”ことリアーナ。遊び心があるデザインだから、ボトムはシンプルにデニムでまとめた。今夏のトレンドアイテムであるタイダイ柄も見事に取り入れたルックはぜひお手本にしたい。

ヘイリー・ビーバー

周りの視線を独り占めするなら、ヘイリー・ビーバーのようにオーバーサイズのジャケットで主張してみて。インナーは黒でシックに、足元は重厚感あるスニーカーで全体のバランスをコントロール。一点投入するだけで、気分もアップすること間違いなし!

ケンダル・ジェンナー

トレンドセッターのケンダル・ジェンナーは、合わせたミニスカートが隠れてしまうほどのティーグリーンが美しいオーバーサイズのシャツをチョイス。足元は大胆に露出して、さらにPVCのヌーディなヒールを合わせて女性らしさをプラスした。メンズライクになりがちなビッグシルエットのシャツも、組み合わせ次第でここまでレディな装いに。

ヴィクトリア・ベッカム

色を取り入れることに、ちょっぴり勇気がいるという人は、まずはシューズからトライしてみて。ヴィクトリア・ベッカムをお手本に、ベーシックカラーを基調にしたスタイルの差し色としてネオングリーンのシューズを取り入れれば、コンサバにならずモードな印象に。

ジャンヌ・ダマス

フレンチアイコンとして支持されているジャンヌ・ダマスは、自身が立ち上げたブランド「ルージュ(Rouge)」のピスタチオグリーンのボレロを着用。少し華やかさを加えたいときは、彼女のように、花柄のベアトップに合わAfloatてみても◎。意外と色々なパターンやカラーのアイテムとも相性抜群。

最終更新:8/3(土) 22:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年10月号
2019年8月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事