ここから本文です

ウェブでのプライヴァシーは、ブラウザーを変えて守る:トラッキング技術に対抗できるアプリ6選

8/4(日) 12:11配信

WIRED.jp

ブラウザー戦争に新たな“戦場”が登場した。ユーザーのプライヴァシーだ。

「Firefox」は個人のトラッキングを防止する標準設定を強化し、アップルは「Safari」ブラウザーにプライヴァシー保護機能を次々に導入している。ユーザー側も、さまざまなウェブサイトに“足跡”を残すたびに自分に関するどんな情報を渡してしまう可能性があるのかを、これまで以上に意識するようになってきた。

グーグルは「URLがない世界」をつくろうとしている

オンライントラッキングに対抗したいなら、普段から使うブラウザーにもいくつかの選択肢がある。ここではユーザーのプライヴァシーを優先しているブラウザーを紹介していこう。

DuckDuckGo(Android、iOS、ブラウザー拡張機能)

「DuckDuckGo」を、アンチグーグル用検索エンジンとして知っている人もいるだろう。だが、DuckDuckGoはそこから派生して、AndroidとiOS向けのブラウザーも提供している。これらのブラウザーはオンライン上であなたを守ってくれるだけでなく、いま何がブロックされているのかも詳細に教えてくれるのだ。

HTTPS対応のウェブサイトにアクセスする場合、DuckDuckGoは自動的にHTTPS接続を利用するようになっている。また、アクセスするページごとに、そのページがユーザーデータをどのくらい取得しようとしているかを示すグレードも表示してくれる。

ユーザーをオンラインで匿名化するため、DuckDuckGoはユーザーとデヴァイスの識別を可能にするクッキーをブロックするほか、サイトのプライヴァシーポリシーを調べてランク付けまでする。またユーザーは、セッションを終了するごとにタブとデータを自動消去するよう設定したり、タップひとつで手動でデータを消したりすることも可能だ。一定時間の操作がなかった場合に履歴を自動消去するようタイマーを設定することもできる。

ただし、DuckDuckGoがChromeとFirefox向けに提供しているブラウザー拡張機能でも、ほぼ同じようなことができる。したがって、DuckDuckGoの厳格なプライヴァシー管理機能を利用するためだけに、いま使っているお気に入りのブラウザーを捨てる必要はない。これらの拡張機能でも、プライヴァシー機能のグレード付けや、オンライントラッキングのブロック機能は利用できるなのだ。

DuckDuckGoのアプリと拡張機能の大きなメリットは、すぐに使えることだろう。インストール以外の作業が必要ないため、最低限の手間で最高レヴェルの保護機能を利用したい人にとってはベストな選択肢となる。

1/4ページ

最終更新:8/4(日) 12:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事